KENスクール、日本Webソリューションデザイン協会(JWSDA)の 新検定『Webディレクション検定』の対策講座をスタート!!

PR TIMES / 2013年5月29日 18時3分

パソコン教室「KENスクール」を運営する株式会社シンクスバンク(東京都千代田区)は、日本Webソリューションデザイン協会(以下、JWSDA)の協力のもと、JWSDAの新検定『Webディレクション検定』向けの対策講座を業界初の主催者としてスタートします。
『Webディレクション検定』は、Webディレクターがプロとして知っておきたい知識を解説したテキストを基に、プレゼンテーション、オリエンテーションやコミュニケーションなどの日常業務で必要なスキルから、クライアントや制作スタッフとのやり取りに必要なマーケティング、デザイン、技術までの幅広い知識とスキルを体系化し客観的に習熟度を判断できる検定です。  
今回の講座は、この検定試験の対策講座として位置づけられ、プロのディレクターとして活躍中の公認講師が分かりやすく解説する初めての方でも安心の講座です。経験者は通常業務のスキルチェック、未経験者は学習した知識の習熟度を把握するなどキャリアアップに有効な講座となっています。今後は、関西方面にも講座を展開していく予定です。




詳細URL
http://www.web-kentei.jp/webDirection (JWSDAのホームページ)
https://www.kenschool.jp/weblp/webdir.html (KENスクールのホームページ)

試験概要
出題範囲 JWSDA Webディレクション検定公式テキスト
試験実施方法 CBT(※)による4択問題
出題数 100問
合格ライン(正答率) 70%以上
試験時間 60分
受験費用 8,400円(税込)
試験問題は、公式テキスト『Webディレクションスキル標準152』の範囲内より出題されます。
※CBT(Computer Based Testing):試験に関係するすべてのプロセスをPC上で行います。受験者はPCに表示された試験問題に、マウスやキーボードを使って解答します。試験結果が終了と同時に表示され、すぐに確認することができます。

認定・認定書
・対象者:Webディレクション検定合格者で認定を希望する人。(認定は任意です)
・認定手続き:試験合格後、別途、認定申請をすることで認定及び認定証を発行します。
 ※認定手続き後、一ヶ月でお手元に認定証をお届けします。
・認定費用:10,500円(税込)

こんな方におすすめ
・制作担当やクライアントとのコミュニケーションに悩むWeb担当者
・他との差別化をはかりたいWebデザイナー
・自己流で行ってきたディレクションスキルをもっと高めたいWebディレクター
・業界での就転職を希望する方

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング