1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

映画 『アタック・ザ・ブロック』ブルーレイ&DVD発売記念 「大進撃!!ドラゴン騎士団」×『アタック・ザ・ブロック」 大人気ソーシャルゲームと映画が初のコラボストーリー!!

PR TIMES / 2012年12月14日 13時46分



株式会社gloops(本社:東京都港区、代表取締役社長:川方 慎介、以下「グループス」)とカルチュア・パブリッシャーズ(住所:東京都渋谷区、代表:吉村 毅)は、映画『アタック・ザ・ブロック』のブルーレイ&DVDの発売を記念して、グループスの人気ロールプレイングバトルゲーム「大進撃!!ドラゴン騎士団」とのタイアップキャンペーンを実施いたします。

「大進撃!!ドラゴン騎士団」を通じてソーシャルゲームと映画『アタック・ザ・ブロック』ブルーレイ&DVDのプロモーション効果の最大化を図るとともに、異なる分野の双方において、良質なコンテンツを提供してまいります。つきましては以下ゲーム、DVD情報と共にニュースとしてご掲載のご検討、よろしくお願い申し上げます。

               会員160万人を誇る大人気ソーシャルゲーム「大進撃!!ドラゴン騎士団」で
                  映画のアナザーストーリーが遊べる初のコラボ企画が始動!!
               「アタック・ザ・ブロック」の凶悪エイリアンがソーシャルゲームに襲来!!

突然襲撃にやってきたエイリアンと不良キッズの戦いを描くSFパニックアクション『アタック・ザ・ブロック』。映画に登場するエイリアンが人気ロールプレイングバトルゲーム「大進撃!!ドラゴン騎士団」の戦士達と異色のコラボレーションを実現しました。映画本編とは違うオリジナルのアナザーストーリーが展開され、ゲーム内のコラボイベントをプレイすると、限定のエイリアン戦士を手に入れることができます!


※特典は変更になる可能性があります。

【コラボイベントについて】
イベント名: 「アタック・ザ・ドラゴンナイツ」
実施期間: 2012年12月20日(木)~2013年1月31日(木)
イベント内容:映画とは一味違ったオリジナルのアナザーストーリーが展開!
ドラゴン騎士団の世界が突然空から舞い降りてきてエイリアンに侵略された!?
自分たちの世界を取り戻すため戦士たちは凶悪エイリアンに立ち向かう!!
☆アナザーストーリーはここが違う!!
・映画本編とは違うオリジナルストーリー。
・いつものドラ騎士とは別の世界のお話。
・映画に出てきたエイリアンが登場。さらに戦士(カード)としてGETできる。
・ドラ騎士の世界では英雄の人気キャラが現代風コスチュームで登場。「御三家」や「ライナス&フリード」などの人気キャラ達が、学園の生徒(同級生)として登場。さらに戦士(カード)としてGETできる。
・コラボ期間中無課金でも楽しめる。さらに報酬まで手に入る。
・コラボ期間中毎週1回ストーリーが更新されていくため続きが気になる??

詳しくはこちらをチェック!  http://tsutaya.jp/atb/


■「大進撃!!ドラゴン騎士団」について


株式会社gloops (グループス) が開発・運営を行う会員数160万人を超える人気のソーシャルゲーム。リーダーの任命によって特殊な能力を得る"役職"や、複数のチームと同盟を組んで戦う大規模同盟戦など、チームバトルの新境地を切り開く、革新的なシステムを盛り込んだロールプレイングバトルゲーム。プレイヤーは、自分にしかできない役割を見つけ、仲間とともに最強チームの証"究極龍の召喚"を目指します。

利用料金:基本プレイ無料、アイテム課金制
ご利用方法: Mobage IDによる認証が必要です。
(C) gloops, Inc.

■「アタック・ザ・ブロック」について


≪Blu-ray&DVD商品概要≫

<発売日>2012年12月21日(金) (レンタルはTSUTAYAのみ)
        DVD: ¥3,990(税込) Blu-ray:¥4,935(税込)
<レンタル>発売/販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
<セル> 発売元:カルチュア・パブリッシャーズ 販売元:アミューズソフト
監督/脚本 : ジョー・コーニッシュ
製作総指揮 : エドガー・ライト『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』、
ウィル・クラーク
音楽 : フェリックス・バクストン&サイモン・ラトクリフ(akaベースメント・ジャックス)
出演 : ジョン・ボヤーガ、ジョディ・ウィテカー『善き人』、ニック・フロスト『宇宙人ポール』
(C) StudioCanal S.A/UK Film Council/Channel Four Television Corporation 2011

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング