早産児のご家族を応援する写真集「スモールベイビーフォトブック」を刊行し、全国のNICUなどへ寄贈

PR TIMES / 2013年3月11日 15時42分

―早産児のご家族の「わが子の成長を感じた瞬間」の写真とエピソード20作品を掲載―

アッヴィ合同会社(本社:東京都港区、社長 兼 CEO: ゲリー・エム・ワイナー)は、このほど早産児のご家族の「わが子の成長を感じた瞬間」の写真とエピソード20作品を掲載した、スモールベイビーフォトブック(写真集)「生まれてきてくれてありがとう~小さな君が見せてくれたもの~」を刊行いたしました。

この写真集は、弊社が製造販売するRSウイルス感染症の重症化を防ぐ注射薬シナジス(R)の発売10周年を記念した「スモールベイビーフォトブック」プロジェクトの一環として刊行いたしました。



本プロジェクトでは2012年6月1日~10月14日の期間に早産児*1のご家族より「わが子の成長を感じた瞬間」の写真とエピソードを募集し、全国より158作品もの応募がありました。応募いただいた作品はどれもお子さんの成長への喜び、そしてこれからの成長を願う気持ちが伝わってくるものでした。それらの全応募作品の中から、周産期医療に携わる医療従事者をはじめとした4名の選考委員による選考会を経て、本写真集に掲載する20作品を決定しました。また選考委員による議論の結果、写真集に掲載された20作品の中から「スモールベイビーフォトブック大賞」の5作品も選出され、2013年3月8日(金)に東京・青山のtokyo baby cafeにて、受賞者をお招きした授賞式*2を開催いたしました。

*1: 妊娠37週未満で産まれたお子さん

*2: 授賞式の様子と「スモールベイビーフォトブック大賞」の詳細は、アッヴィ合同会社の早産児育児ポータルサイト「スモールベイビー.com」< http://www.small-baby.com >をご参照ください


早産児は母親から十分な抗体(免疫)を受け取る前に生まれたため、感染症への抵抗力が低いことがあります。そのため早産児のご家族は、赤ちゃんを授かった喜びと同時に、感染症の罹患など様々な不安に直面します。そして、そうした子育ての不安、苦労があるからこそ、わが子の成長を感じる瞬間は、お子さんとご家族のかけがえのないものといえます。


アッヴィ合同会社は新生児医療に携わるバイオ医薬品企業として、本キャンペーンを通じ、このような早産児のご家族の幸せな瞬間を収めた作品を公開させていただくことで、様々な不安を抱えながらも、子供の成長を温かく支える早産児のご家族をサポートすることができればと願っております。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング