平泉で平和を願い、陸前高田で震災犠牲者を追悼 -日、韓、米、独、英、スリランカの仏教学者ら20名が平泉と陸前高田市を視察

PR TIMES / 2013年1月25日 16時36分

2013年1月24日(木)平泉、25日(金)陸前高田市 陸前高田市では市役所表敬、1月18日完成の追悼施設にて、韓国僧正による“鎮魂の儀”実施

2013年1月24日・25日、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、イギリス、スリランカの仏教学者を中心とする一行が、東北の仏教の拠点であり永久へ和を希求する「浄土の地」である平泉、および震災被害を受けた陸前高田市を訪問、世界平和や被災地復興への願いを巡らせました。



 今回の一行は、国立大学法人埼玉大学(学長:上井喜彦)がグローバル人材育成の観点から、韓国の東国大学校と共催で、2013年1月22(火)~23日(水)埼玉大学等を会場に実施した国際シンポジウム「Tradition and Modernity -Thinking Asia across Frontiers- (邦題:伝統と現代 -国境を越えてアジアを考える-)」(後援:埼玉県)のパネリスト20名。

 シンポジウムは、東日本大震災、歴史認識や領土問題に絡んだ各国間の緊張など、いま日本を取り巻くアジアの現況を踏まえながら、問題解決に仏教思想や仏教的アプローチが貢献できることは何かをテーマとして行われ、日韓の両大学が共催する意義、そして仏教をキーワードに、アジア以外の欧米の仏教学者の視点も加えることで、国益のぶつかり合いだけでない、国境をまたぐ国民同士の結びつきから生まれる新たな国家関係を生み出す方法が議論されました。

 こうしたシンポジウムのテーマを踏まえ、東日本大震災と被災地の今に向き合いたいという参加者の強い意向も反映し、シンポジウムでの問題提起、議論を踏まえ、東日本大震災で大きな被害を受けた地域の1つである陸前高田市を訪問。被害にあわれた方々への「鎮魂の祈り」を捧げるとともに、被災地の現状を把握し、問題点の共有、世界への発信のあり方、仏教的観点からの貢献を考えていくことを目的として行われました。

■「浄土」平泉にて、日本の仏教についての知見を深めると共に、平和を願う
 24日にまず一行が訪れたのは平泉町の中尊寺と毛越寺。中尊寺では、本堂や金色堂を見学すると共に、菅野澄順執事長による平泉仏教文化のレクチャーを受けました。菅野執事長は、平泉仏教文化が世界各地との直接貿易によって支えられたものであることを解説すると同時に、「900年前に藤原三代が希求した非戦・平和への想いは現在にも十分に通じる、むしろ伝えていかなければならない考え方である」と語りかけ、一行はうなずきながら聞き入っていました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング