ピスタチオ摂取は 心臓の健康、体重管理および妊娠中の健康にプラス作用

PR TIMES / 2013年6月5日 16時36分

~ 4つの最新研究発表から ~

米国カリフォルニア州フレズノ、2013年5月13日 ― 健康を気遣う人であれば、毎日の食事に1握りのピスタチオを取り入れたくなるかもしれません。先ごろ発表された4つの最新医学研究によれば、ピスタチオなどのナッツを摂取する事は、メタボリックシンドロームや糖尿病のリスク軽減、心臓病のリスク要因の低下、減量、妊娠中の健康維持にプラスにつながるとの結果がわかりました。



まず初めに、血中脂質へのピスタチオの影響に関して、8つの関連研究に関する記事が「アメリカン・ジャーナル・オブ・ライフスタイル・メディシン」にて発表されました。1例を除く全ての研究では7.6%から9.7%の基礎ラインの範囲内で、一般的に悪いとみなされているLDLのコレステロール値の減少が報告されています。PUBMED(*1)及び米国ロマリンダ大学のデータベース検索によると、イーストカロライナ大学及びテネシー大学の研究者は、多くの研究からHDLとLDLのコレステロール比率において統計的に著しい改善が報告されていることを発見しています。このことから、研究者達は、ピスタチオを食事に加えることが、正常および高いLDLコレステロール値を持った人に効果的に働くケースがあるという結論に達しました。次の例において指摘されているように、この結果は、ナッツの摂取は心疾患の危険を減少させることと関連がある、という他の研究と一致しています。

2月に「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(New England Journal of Medicine)」の中で紹介されたPREDIMED(*2)の研究は、ナッツやエクストラバージンオリーブオイルに豊富に含まれる地中海ダイエットの循環器系への利点に注目しました。研究者は、心臓病における高い危険度に関して個々を観察し、エクストラバーインオリーブオイルまたはナッツを摂取する地中海ダイエットが、主な心血管イベントを実質的に減少することがわかりました。
55から80歳の人で合計7,447人が少なくとも4年間被験者として参加しました。研究開始時には、彼らは心疾患を患ってはいませんでしたが、糖尿病あるいは、喫煙、高血圧、高いLDLコレステロール値、肥満などの危険要因から少なくとも3つ、もしくは早発性心臓病を発症した家族を持っていました。試験において、地中海ダイエットを実施したグループは、脳卒中の著しいリスク減など、それと関連する危険の減少が30%みられました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング