女性の不妊症に朗報、マカで妊娠しやすい体づくり。

PR TIMES / 2014年2月13日 17時35分

ヤマノのマカ(ペルー産薬用植物)はラットの実験で黄体形成ホルモンの分泌を促進させた。

女性の“妊活”を応援している株式会社ヤマノでは、2011年8月より中村学園大学薬膳科学研究所・内山教授に「マカの生物学的活性評価」を依頼。ラットを使った実験では、同社のサプリメント商品である「100%有機認定マカ」を使用し、研究が進められてきました。この度その研究結果の一部が欧州の学術誌「Journal of Ethnopharmacology」2月4日号において論文掲載されました。※同誌の電子版は、[http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378874113008635]にて、ご確認頂けます。




ヤマノでは、自社内でも約10年以上にわたり「マカ」の研究及び商品開発を続けてきており、その間、多くのユーザーからの反響を基にした経験値から“不妊に効果あり”と考え、その効果の科学性を極めることに努めてきてきましたが、今回の研究結果により、世界で初めてその効果が傍証されました。
社会背景を一因とする少子化が叫ばれる一方で、「子供が欲しいのにできない」という不妊症で悩まれている女性の方は、国内で40万人を超えるともいわれております。私どもでは、そういった方々の一助になればとペルーにおいて古くから薬効のある植物として活用されている「マカの作用」に着目してきました。そして今回の研究結果から、マカはストレスなどで低下する排卵誘発時の黄体形成ホルモン分泌を促進させることが明らかになりました。このことからマカは排卵機能の低下、それに起因する不妊症への効果を期待できる食品であると確信しました。

マカは現地の人が長年食べ続けているという歴史的事実や動物実験で中毒や副作用の報告はなく、さらにホルモン剤ではないので、ホルモン系のバランスに人工的な影響を与えにくい素材です。
ヤマノでは、そんな安心できる「マカ」商品を中心に「葉酸」商品などを組み合わせて摂ることを薦めるなどして“妊活女性“をサポートしています。
また今回の研究過程で、一概に“ペルー産マカ”といわれる素材であっても様々な種類があり、さらには土壌や生育の状況下で全てが同じ生理活性を持つとは限らないことが発見できました。このデータとノウハウはすでにヤマノのマカサプリメントの商品化に活用しており、今後のさらなる研究によって、より一層信頼性の高い商品の開発につながるものと考えています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング