参院選 ネットユーザー行動分析

PR TIMES / 2013年7月26日 12時52分

~ ネット選挙功者は? ──自民党と、山本太郎氏 ~

◆ 公示日と投票日で急伸した政党HP。投票前日は1位 自民、2位 共産。民主はネットでも伸びず。
◆ 流入元でわかる自民党の巧みなトリプルメディア戦略。先端アドテクノロジーも活用。
◆ 7月の短期決戦を制した山本太郎氏のソーシャルマーケティング活用




ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネットユーザーの行動ログと属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、第23回参院選(2013年7月21日投開票)での「ネット選挙解禁」によるユーザー意識と、ネット行動の変化を調査・分析しました。

●調査概要●

投票前後の意識調査として、第1回:2013年7月2日~4日、第2回:7月22日~23日の計2回にわたり全国のVALUESモニターを対象にアンケート調査を実施。加えて、2012年10月~2013年7月21日までのVALUESモニターのネット行動ログを分析し、政治関連メディア、政党HP、候補者HP、候補者のブログ・Facebook・Twitterなど各メディアの接触状況の変化をとらえ、各政党・候補者の集客施策や、有権者の投票行動とネット接触量の関係性を考察しました。

●結果サマリー●

◆自民党HPは公示日と投票日に急伸!投票前日のサイト訪問者数は民主党の4.8倍

7月度の各政党HPの訪問者数をみると、自民党は公示日と投票日に飛躍的に増加していることが分かりました。また、投票前日のサイト訪問者数は、1位:自民党、2位:共産党と続いており、8位の民主党に対し自民党は約4.8倍の大差をつけていました。

◆先端のアドテクノロジーを活用、ソーシャルも絡めた自民党のトリプルメディア戦略

各政党HPの流入元・経由ホスト情報を調査したところ、自民党は、自然検索経由で他政党に対して大きなシェアを獲得していました。加えて先端のアドエクスチェンジや複数のアドネットワークを併用するなど、ネット広告による集客施策も積極展開していたことがわかりました。

◆7月に山本太郎氏のサイト訪問者数が急増。特に選挙前日の伸びは他候補者を圧倒

東京選挙区で当選した無所属の山本太郎氏のサイト訪問者数は、選挙序盤と投票前日に急伸していることがわかりました。またHP、ブログ、Facebook、Twitterなど各メディア別の訪問者数ランキングでも、Facebookで他候補者を引き離すなど、積極的なソーシャル活用の様子が見受けられました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング