~ビール系飲料の5月の購買理由~売れ筋上位10ブランドで全体の52.4%を占める!新発売のブランドが躍進!?

PR TIMES / 2013年6月21日 17時6分

 フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業として、2013年2月1日にサービスを開始した購買理由データ提供サービスのデータをもとに購買理由に関する分析レポートを報告します。
 対象は、食品、飲料、日用品、医薬品、化粧品などの消費財商品約40カテゴリー。2013年6月20日時点で、購買理由データ数216,484件、会員数33,957名です。
 本リリースでの分析レポートの購買対象期間は2013年4月29日~5月26日、分析対象カテゴリーは「ビール系飲料」で実施し、全国を対象に3,027レシートデータ(男性:1,251人、女性:1,776人)の回答を基に分析しました。



◆売れ筋上位10ブランドで全体の52.4%を占める


 ブランド別にみると、上位5位は「アサヒ スーパードライ」が258レシート、「サントリー 金麦」が243レシート、「キリン のどごし」が226レシート、「キリン 澄みきり」が156レシート、「キリン 一番搾り」が144レシートとなりました。また売れ筋上位10ブランドが全体に占める割合は、52.4%となりました。
 これらランキングを週別でみると、5月13日の週に「キリン 澄みきり」が1位で登場し、月間総合で4位に入りました。同週にPBブランドのトップバリュも6位に入り、月間総合で9位となりました。その結果「サッポロ エビスビール」が同週より圏外となりました。


◆売れ筋主要ブランドと新ブランドの購入理由の違いが明らかに


 売れ筋上位5ブランドの購入理由を見てみると、「アサヒ スーパードライ」と「キリン 一番搾り」は、「味・香りが好み(アサヒ:85.3%、キリン:85.6%)」「飲みやすい(アサヒ:84.1%、キリン:83.0%)」「品質が良さそう(アサヒ:72.2%、キリン:68.1%)」の割合が高く、「サントリー 金麦」と「キリン のどごし」は、「味・香りが好み(サントリー:83.2%、キリン:78.3%)」「飲みやすい(サントリー:81.8%、キリン:78.8%)」「企業イメージがいい(サントリー:67.0%、キリン:69.0%)」の割合が高くなりました。ビール2ブランドと、新ジャンルの2ブランドでは、それぞれ同じ購入理由の割合が高くなっていることが判りました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング