ランドセル専門店 家族の「いま」を未来に残す写真館開催

PR TIMES / 2014年1月9日 19時30分

入学、卒業シーズンに 私達らしい家族写真

創業49年、職人手作りのランドセルづくりをおこなっている土屋鞄製造所が、
2014年2月に中目黒、神戸のランドセル専門店にて家族の「いま」を未来に残す写真館を開催。
1月9日予約受付スタート。
いとう写真館× 土屋鞄製造所 http://www.tsuchiya-randoseru.jp/user_data/itophoto2014.php




職人手作りの丈夫で作り手のぬくもりが感じられるランドセル作りをおこなっている株式会社土屋鞄製
造所(本社:東京都足立区、代表取締役社長:土屋成範)は、2014 年2 月にランドセルと子ども用品の専門店の童具店・
中目黒、童具店・神戸にて家族の「いま」を未来に残す写真館「いとう写真館× 土屋鞄製造所」を開催いたします。本
日1 月9 日より予約受付を開始します。
いとう写真館× 土屋鞄製造所 http://www.tsuchiya-randoseru.jp/user_data/itophoto2014.php


現在、土屋鞄製造所の工房では来春の入学シーズンに向
け、ランドセルの製造が大詰めを迎えています。20 ~ 70
代の職人約60 名が連日共に汗を流しています。約110 個
のパーツを100 回以上の検品を重ね、職人の丁寧な手仕事
で、丈夫で美しいランドセルをつくります。ランドセルは
牛革、クラリーノ、コードバン、ヌメ革の12 色65 種類を
扱い、今年度分は例年より2 ヶ月ほど早い昨年末に完売し
注文受付を終了しています。
ランドセルは出来上がり次第、ご家族のもとにお届けし、
工房にも続々とランドセルを背負った新一年生の笑顔、喜
びの声が届いています。


「いとう写真館× 土屋鞄製造所」は、雑誌「Re:s」や「カメラ日和」などで活躍し、銀塩フィルムで家族を撮り続けてきた写真家・伊東俊介氏と土屋鞄製造所による期間限定の写真館です。今年で4 年目となる「いとう写真館× 土屋鞄製造所」は、家族にとって大きな節目であるお子さまの小学校入学や卒業、そんな節目と共にあるランドセルのお店で、今しか撮れないご家族の姿を贈りたいと思い、スタートしました。一般的な写真館とは趣が異なり、よそいきではなく、自然体に、その家族らしい普段着でランドセルと一緒に日々成長するお子さまと家族の「いま」を撮影します。
写真家の伊東俊介氏は、笑顔が自然と溢れるような、それぞれの家族らしい表情を撮るのを得意とします。いとう写真館のモノクロプリントは、モノクロを専門に40 年プリントを焼き続ける職人による手焼き写真です。ひとつひとつ手作業で白と黒の世界に光をあて、美しいプリントを仕上げます。木材やレンガを使用した落ち着きのある店内で、写真館を通して家族のかけがえのない思い出づくりのお手伝いをします。
撮影料金は台紙仕上げ14,000 円~木製パネル仕上げ(半切りサイズ)30,000 円まで全7 種。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング