生活密着型クラウドソーシングサービスAny+Timesが 企業向け福利厚生サービス「エニタイムズ for Office」を提供開始

PR TIMES / 2014年9月1日 10時47分

■今後も企業・自治体との連携を積極的に進めていく方針。

生活密着型クラウト゛ソーシンク゛サーヒ゛ス「Any+Times(エニタイムス゛)」を運営する株式会社エニタイムス゛(東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO角田 千佳、以下「エニタイムス゛」)は、企業向け福利厚生サービス「エニタイムズ for Office」を開始します。



■ 「エニタイムズ for Office」とは

エニタイムズの企業向け福利厚生サービス「エニタイムズ for Office」は、企業の従業員様及びそのご家族にご使用いただける、家庭生活の支援サービスです。

日常生活における「お困りごと」は自分ではなかなか解決できないけれど、専門業者に依頼するには気が引ける。そんなときにお使いいただける身近な家事の代行サービスです。具体的には、お住まいの地域の「ご近所サポーターズ」がそれぞれの得意分野を活かして、さまざまなサポートを提供します。仕事で遅れがちなお子様のお出迎え、手間のかかる家具の組み立て、楽しい旅行の間のペットの世話。そのようなご家庭のお困りごとを、導入企業の方であれば誰でもおトクにお使いいただける、企業向け福利厚生サービスとなります。既に、株式会社ディー・エヌ・エー様のトライアルでの導入が決定しております。

このサービスにより、一年間に4000万円の仕事に匹敵すると言われる家庭の仕事をサポートすることで、企業で働く一人一人の生活を充実させ、仕事に注力できる環境をつくることで、ワークライフバランスの向上を目指します。

■ 「エニタイムズ for Office」トライアルキャンペーンについて
サービス開始に伴い、導入トライアルキャンペーンも実施します。
・入会費無料
・月会費無料
・全サービス10%OFF(初月は何回でも「50%OFF」)
・期間:2014/9/1-2-15/2/28

■ 生活密着型クラウドソーシングサービス「Any+Times」とは
Any+Timesは、日常の家事、旅行の間のペットの世話、IKEA家具組み立てなどの“誰にでもある家庭のお困りごと”を、ご近所の方にインターネット上で気軽に依頼、請負して解決する「ご近所サポーターズネットワーク」を提供するサービスです。

従来の家事代行スタッフを派遣するサービスとは異なり、地域の人同士で助け合いするコミュニティサービスのため、新しいかたちで地域の助け合いを実現します。そして、空き時間のアルバイト以上のやりがいやモチベーションが生まれる社会貢献活動でもあります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング