銀座三越 ロンジンフェア 2014年1月22日(水)~2月4日(火)

PR TIMES / 2014年1月22日 16時25分

コンクェスト クラシック ~ホースレースに捧げる不朽のコレクション~



「エレガンスと革新の融合」をテーマに時計作りを続け、創業180周年以上の歴史を有する ロンジン(スウォッチ グループ ジャパン株式会社、本社:東京都中央区銀座)は、2014年1月22日(水)から2月4日(火)の期間、銀座三越にてロンジンフェアを開催します。

ロンジン ホームページ: http://www.longines.jp/

‘Elegance is an attitude’ ~エレガンス、それは私の意志~ をブランドメッセージとするロンジン。

2013年に発表した全モデル自動巻ムーブメント搭載の「コンクェスト クラシック」は、時代を超越した普遍性とモダンなセンスを融合させ、発売以来絶大な人気を誇っています。
今回、1月22日~2月4日まで開催される「銀座三越店 ロンジンフェア」 にて、「コンクェスト クラシック」をお買い上げの方に、ロンジン オリジナルグッズをプレゼントいたします。

そのほか、ロンジン ヘリテージ コレクションなども豊富に取り揃えております。
真の歴史と遺産を持つロンジンを、お楽しみください。

Conquest Classic
世界で最も威厳のあるフラットレースの公式パートナーとして、この度、ロンジンは、シャンティイ、香港、ロイヤルアスコット、ドバイ、それぞれの競馬場の熱気渦巻くパレードリングで着用する時計を発表。新しいコレクション「コンクェスト クラシック」が登場します。世界的なスイスの時計メーカーであるロンジンが、ニューヨークでのレースの観衆と騎手たちのために、1881年から販売を開始したクロノグラフのトリビュートとして新しく開発。
「気品」「伝統」「性能」といった従来のブランドの価値に忠実であると同時に、新たに自動巻きキャリバーを全モデルに搭載して、時代を超越した普遍性とモダンなセンスを融合させました。

「コンクェスト」は、ロンジンが1954年5月25日、世界知的所有権機関(WIPO)から特許を取得した名称。以来、この名前は長年に渡り、名声を博したロンジンの数々のモデルに使用されてきました。

そして現在、世界中で高い評価と偉大な成功を収めた伝統美のコレクションに、「コンクェスト クラシック」が加わったのです。この新たなコレクションは、シャンティイから香港へ、ドバイからロイヤルアスコットへと、今シーズンの世界有数のフラットレースで、競技に熱狂する観衆に捧げられています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング