日本三景「松島」をバーチャル散歩して、日常の中で復興参加できるiPhoneアプリ「Sabusawa Walk」配信開始

PR TIMES / 2013年8月30日 17時9分

島民そっくりのイラストが島の史跡・名所を案内するウォーキングアプリ ~「島を多くの人に知ってもらうことが復興の一歩となる」島民の想いを乗せる~

NPO「桜onプロジェクト」(東京都目黒区、代表理事:田中 孝幸)は、震災発生以来、寒風沢島への桜の植樹を始め、地域活性やコミュニティ支援を通じたソフト面での復興支援を続ける中で、震災前より高齢過疎化が進んでいた島の復興支援には、多くの人に島やそこに住む人をもっと知ってもらうこと、さらには島に実際に遊びに来てもらうことが重要であると考え、寒風沢島、「桜onプロジェクト」、そしてPR TIMESは、
島と消費者を繋げ、島を訪れるきっかけを作ることを目的にiPhone向けウォーキング・アプリケーション「Sabusawa Walk」(https://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=688179920&mt=8) を制作、配信を開始します。



日本三景である宮城県「松島」を構成する島のひとつである寒風沢(さぶさわ)島(宮城県塩釜市浦戸寒風沢区、区長:島津 功)は、2011年3月に発生した東日本大震災で甚大な被害を受けました。未だ多くの島民が仮設住宅での生活を余儀なくされている中、島の復興が進められています。


NPO「桜onプロジェクト」(東京都目黒区、代表理事:田中 孝幸)は、震災発生以来、寒風沢島への桜の植樹を始め、地域活性やコミュニティ支援を通じたソフト面での復興支援を続ける中で、震災前より高齢過疎化が進んでいた島の復興支援には、多くの人に島やそこに住む人をもっと知ってもらうこと、さらには島に実際に遊びに来てもらうことが重要であると考え、寒風沢島、「桜onプロジェクト」、そしてPR TIMESは、島と消費者を繋げ、島を訪れるきっかけを作ることを目的にiPhone向けウォーキング・アプリケーション「Sabusawa Walk」(https://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=688179920&mt=8) を制作、配信を開始します。

■島民そっくりのイラストたちが島の史跡や名所を案内
普段、通勤路などを「Sabusawa Walk」を使いながら歩くことで、島の史跡や信仰、歴史を理解できます。島を紹介してくれるのは、漁や米作りで黒く日焼けした素朴な笑顔の島民たちのイラストです。そんな笑顔の島民に案内されるとバーチャルに島を観光した気分になります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング