「2014年7月 スマートフォン つながりやすさ満足度調査」 ~ つながりやすさ満足度 都道府県別トップは宮崎県、携帯電話キャリア別ではauが70.5ptでトップに。 ~

PR TIMES / 2014年7月18日 14時47分

■ auが、満足度 70.5ptでトップ。39都道府県で1位を獲得。LTEの広さを裏付け。
■ NTTドコモはiPhone利用者の満足度が高いが、全体では次点。混雑場所で不満の声。
■ ソフトバンクは全体的に苦戦。旅行先や地方でのつながりにくさへの不満などが響いた。
■ 都道府県別の満足度上位は、1位・宮崎県、2位・静岡県、3位・福岡県に。



株式会社 ICT総研 (東京都千代田区)は7月18日、2014年7月時点での、スマートフォンのつながりやすさ満足度に関する調査結果をまとめた。携帯電話キャリアは、大手3社ともにiPhone、Androidスマートフォンがラインナップの中心となったことで端末の差別化ができなくなり、通話定額、通信容量分け合いなど料金プランの面でも横並びの状態となった。数少ない差別化要素は、ネットワーク面、サービス面などに限られており、特にネットワーク面では、高速データ通信対応エリアを日々拡大するなど、各社がユーザー獲得及び満足度向上のために注力している。今回は、ネットワーク面、特に「つながりやすさ・切れにくさ」に照準を絞り、ユーザーの現時点での実感や満足度を把握することを目的とした。日々刻々と変わるネットワーク環境であるが、現時点でのユーザーの声を可視化したものとして、参考にしていただきたい。
調査対象は、NTTドコモ、au (KDDI)、ソフトバンクモバイル (以下、ソフトバンク)のLTE対応のiPhone5s、iPhone5c、Androidスマートフォンいずれかの利用者7,500人。調査期間は7月11日から15日まで。Webアンケートを活用した。

■auが、満足度 70.5ptでトップ。39都道府県で1位を獲得。LTEの広さを裏付け。
調査の結果、auが満足度 70.5ポイントでトップとなった。3社平均の65.7ポイントと比べても著しく高い。アンケートで「満足」と回答した割合が23.2%、「どちらかと言えば満足」とした割合が48.5%と、ともに最も多く、合わせて7割の利用者が現時点の「つながりやすさ」に満足している結果を示した。OS別に見ると、iPhone5s/5c利用者の満足度が74.8ポイント、Androidの利用者が68.7ポイントと、iPhone5s/5c利用者の満足度の方が約1割高い。「つながりやすさ・切れにくさ」について不満を実感している場面を挙げてもらうと、「旅行先や地方でのつながりやすさ、切断状況」では不満実感者の少なさトップの座を譲ったものの、「4G LTEにつながることが少ない」と実感した回答者が、日常的な場面、混雑している場面、旅行先や地方のいずれの場面でも最も少ない結果となり、同社が強みとするLTEエリアの広さを裏付ける結果となった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング