台湾の技術的背景 台湾大手の医療・バイオテクノロジー企業4社は革新的な製品を出展

PR TIMES / 2014年4月17日 19時5分

台湾の大手の医療およびバイオテクノロジー企業は、日本で開催されるバリアフリー機器の国際見本市で自社製品を紹介します

湾貿易センター台北本部

ニュースリリース No. 1, 2014


台湾の技術的背景
台湾は、バリアフリー2014に最新の革新的な製品を展示

台湾の大手の医療およびバイオテクノロジー企業は、日本で開催されるバリアフリー機器の国際見本市で自社製品を紹介します


2014 4月、日本、大阪 - 医療とバイオテクノロジー産業は、世界的な経済危機に大きく影響を受けている他の産業と異なり、世界的な医療機器の増大する需要によって拡大しています。特に台湾企業は、この傾向を早くから認識し著しく成長しています。

人口の高齢化による国内市場の拡大と日本、欧州、アメリカといった国際市場が台湾企業の医療関連製品の品質向上の為の理想的な環境を形成しています。現在、台湾のいくつかの医療会社は、FDAのクラスIIIに分類される歯科用装置などのハイエンド製品を生産しています。これらの会社は、ルートフォームやテンポラリーインプラントといった行政管理の最高レベルの基盤をなす高リスク装置に注目しています。さらに、FDAのクラスIおよびクラスIIに分類されているいくつかの実勢の有る台湾企業は、高品質を追求しており、すでに世界的に認知されています。

IEK (産業経済趨勢研究センター)の副所長としてChun-Yuan Chung氏は、「台湾の医療機器産業は、最近積極的な投資の可能性の高い分野になっています。さらに、台湾は、これまでに獲得した強みとオプトエレクトロニクスとICT産業での小型化、耐摩耗性、カスタマイズ、ユーザーフレンドリーな設計などの医療機器産業への開発導入の経験から利益を得ることが出来ます。従って、この産業は、他の産業セグメントに新たな付加価値機会や提案を提示することになるのです。」「経済的成功だけでなく、台湾の医療やバイオテクノロジー企業は、それが企業の社会的責任と持続可能な経営の先駆者であることを誇りに思います。台湾企業は、ますます地球に優しい環境を追求し、その製造工程における無公害生産技術により気候保護に貢献しています。」 と述べています。

堅牢な台湾の医療システムは、近年、台湾が医療機器の分野でその規模が世界のトップ25にランクインすることを可能にしました。1980年代の経済ブームと台湾産業の近代化により、医療及びバイオテクノロジーセクターは、国際市場に参入することに成功しました。今日では、完全な成熟と継続的な技術革新のおかげで、台湾国内で製作された病院用ベッド、車いす、手術台、手術灯、歯科用椅子、殺菌装置、試験装置などの医療機器は、その高品質と洗練において世界でも最高レベルにランクされています。2012年には、台湾の医療機器産業の売上高は、2011年の22億米ドルを上回る25億米ドルを記録しました。 欧州とアメリカの経済が今後数年でより速く回復し、台湾の主力輸出品の一つである障害者向け移動装置も過去数年やや落ち込んだものの再び伸びるみこみであることから将来はさらに増加する可能性があります。

日本の市場は、すでにこれまで台湾の医療およびバイオテクノロジー産業の国際化に大きな役割を果たしてきましたので、その重要性は今後数年で大きくなり続けるでしょう。2010年から2012年だけで、日本向け輸出による平均売上高は約5億7千万米ドルに達していますので、台湾の医療とバイオテクノロジーにとって2番目に大きな輸出先であり続けるでしょう。例えば、「台湾精品賞」受賞企業であるKarma社、Apex Medical Corp社、Microlifeグループは、日本市場では、すでに実績のあるプレイヤーであり、多年に渡りその優れた精品を供給しています。

台湾の総合病院用および個人用の装置に関する最新の技術と発展の幾つかが第20回高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展で紹介され、近年の成功が決して偶然によるものではないことを実証することになるでしょう。このイベントは、大阪の国際展示場(インテックス)で2014年4月17日から19日に行われ、9万人が訪れると期待されています。

今年は台湾から Chensin社、I-Ming社、Motex Healthcare社、Yasco Enterprise社が参加します。

全新包装工業は、コーティング、粘着、ワインディング、切断などの用途用テープの専門メーカーです。バイオテクノロジーを利用した技術革新と品質向上により、同社は、1997年に不織布テープの開発と製造に成功しました。中心ブランドの一つが病院及び薬局向けのCS AirporeTM Surgical Tapeです。 現在同社は、毎年3000万本の外科用テープを生産しています。同社は全新シリコンフォーム製の創傷被覆材を展示します。この被覆材の性質は、長期の着用と痛みのない除去を実現します。透明ポリウレタンフィルムは、湿気とバクテリアを防具用に設計されており、最適な湿気を伝えますので創傷に湿気を与えるには最適となっています。

I-Ming社は、整形外科用固定器およびサポート、リハビリテーション、包帯、医療用加圧ストッキング、スポーツ用加圧スリーブの製造に特化しています。同社の製品は、すでに世界中に届けられています。同社は、上下の部分に適切な引き締め効果を提供する同時プルローラーシステムを使った脊椎ブレスを展示します。

Motex Healthcare Corp社は、医療用および非医療用の不織布製手術用マスク、不織布製医療処置用マスク、不織布創傷用包帯、ラテックス製手術用手袋、ラテックス製検査用手袋、ニトリル製検査用手袋などの使い捨て商品の生産に特化されています。同社は、装着感、透過率を倍増しながらバクテリア、花粉、スモッグを防ぐダイアモンド型マスクを展示します。

YASCO Enterprise Corp社は、医療、ヘルスケアおよびスポーツ用保護具の主要メーカーです。 高い水準を達成することで、同社は、業界でよく知られた企業になりました。現在、同社は、サンプル生産および製品開発における高い能力により、顧客の仕様に個別に適応可能な製品開発が可能です。同社は、原料から最終製品に至るまでに必要な全ての製品開発業務を提供しています。同社は、筋肉や背中の痛みおよびスポーツ関連傷害の治療的措置を提供する遠赤外線磁気腹部ベルトを展示します。

Karma Medical Products Co.,Ltd社は、移動装置(車いす、スクーターなど)の専門メーカーです。 同社は、その「移動性を減じられた全ての友人の為に豊かで十分な生活」を提供するというミッションに従って、最新の技術を展示します。同社は、身体の不自由なユーザーの高さの違いがもたらす問題を解決する為の移動を軽減し、より快適に座ったり立ったりすることが可能で、日常生活における非依存性を増やし、平等な人間関係を確立することの可能な、特許取得済みのS-Ergo座位保持装置を使用した、スタンドアップスタイルの車いすである「エルゴスタンド」を開発しました。

Microlifeグループは、主に医療用計測デジタルシステムとヘルスケアサービスに焦点を当てています。血圧計では世界第二の規模であり、デジタル体温計では世界一の供給者である同社は、顧客に最新かつ高品質のサービスを供給しています。同社は、家庭で気軽に血圧を計ることのできるWatchBP家庭用血圧モニターを展示します。ユーザーは、経過を計測結果のメモリーとUSBサポートを統合することで文書化することも可能です。

Apex Medical Corp. Ltd社は、在宅介護で使用される医療機器の設計と製造に特化した会社です。主力製品には、側臥位を防ぐベッド用の支持表面や呼吸療法製品が含まれています。その在宅介護製品の品質の追求により、同社の製品は、世界60カ国以上に輸出されています。同社は、市場に存在する最も小さなCPAP(持続性気道陽圧呼吸装置)であるXT Autoシリーズ紹介します。この製品の小ささと軽さは、大型装置と比べても遜色のない効果を提供しますので、旅行などには非常に便利です。

台湾貿易センター台北本部 (TAITRA)について

台湾貿易センター台北本部 (TAITRA) は、台湾の対外貿易と世界市場での競争力を強化するために1970年に設立されました。過去40年間、TAITRAは、台湾経済の発展に重要な役割を果たしてきました。TAITRAには、政府と商業団体が共同で出資しており、国際的なビジネスコミュニティーの為の台湾へのビジネスゲートウェイと考えられています。詳細に関しては www.taiwanexcellence.org もしくは www.taiwantrade.com.twを御覧ください。


PR連絡先:
GolinHarris (台湾):

Iker Izquierdo
電話: 886.2.2722.5369 内線 171
携帯電話: +886 (0)981-253-291
Email: iizquierdo@golinharris.com

Hendrik Niedenthal
携帯電話: +886-0979-275-445
Email: hniedenthal@golinharris.com


TAITRA
Frances Chen
Image Enhancement Plan Promotion Section II
Strategic Marketing Department
電話: (02) 2725-5200 #1379
ファックス: (02) 8789-1605
Email: frances@taitra.org.tw


Taiwan Trade Center, Osaka
O's 520 ATC Bldg., 2-1-10, Nanko-Kita, Suminoe-Ku, Osaka
559-0034, Japan
Tel.: +81-6-6614-9700
Fax: +81-6-6614-9705
Email: osaka@taitra.org.tw

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング