蓄電システム「トリナホームTSS-S500」を日本で発表

PR TIMES / 2014年2月27日 18時25分



 Tokyo, Japan 2014年2月 -太陽電池モジュール、ソリューション、関連サービスで、世界における リーディングカンパニーである トリナ・ソーラー株式会社(Trina Solar Limited)は、「PV Expo 2014」において、新製品の蓄電池システム「Trinahome (トリナホーム)TSS-S500」を発表します。 「トリナホーム」は、トリナ・ソーラーのブースE51-36に展示されます。


 「トリナホームTSS-S500」は、家庭やアウトドアでの使用に、静かで安全な電力を提供します。本製品の特徴は、12VDC、110V/220V AC、そして5VのUSBの3種類の出力電源を備えています。停電時には、非常用電源として、テレビ、PC、携帯、照明等の家電製品に電気を送ります。 小さくてコンパクトなデザイン設計となっているため、持ち運びに便利で、職場やキャンプ、アウトドア、旅行等で電力が必要となった際にも活躍します。

 「トリナホームTSS-S500」は、高効率のリチウム電池内蔵で、家庭用電源や 太陽光パネル、風力発電からも充電できます。

■Trina Solar Limited (トリナ・ソーラー)
トリナ・ソーラー(NY証券取引所:TSL)は、太陽電池モジュールおよび太陽光発電システムインテグレーションのグローバルリーダーです。1997年に太陽光システムインテグレーターとして設立以来、トリナ・ソーラーは、世界中の施工、販売、ディベロッパーなどのパートナーの皆様と共に、“Smart Energy Together”(「みんなでスマートエネルギー」)を推進しています。優れた革新性、高品質、垂直統合による一貫生産体制、環境責任を軸にトリナ・ソーラーはより良い社会づくりに取り組んでいます。詳しくは、http://www.trinasolar.comをご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング