“冗談に聞こえることが、案外実現するかもしれない” 気鋭のプラネタリウムクリエイターが夢を持つことの大切さを熱弁!

PR TIMES / 2014年4月17日 9時44分

大平さんと学ぶ宇宙の不思議を開催!!

森永製菓株式会社は、4月13日(日)に行われたエンゼルのつばさプロジェクト 豪華コーチ陣と夢を見つける 1日体験イベントで選抜された25組50名の当選者の親子をお招きし、「大平さんと学ぶ宇宙の不思議」を開催いたしました。



◆大平さんと学ぶ宇宙の不思議!森永製菓の「エンゼルのつばさプロジェクト」
受付開始時間になると、当選者の親子がもいわ山頂駅 展望台スターホールに集まってきました。今回、森永製菓のお菓子を購入・応募いただき、厳正な抽選により選ばれた25組50名の当選者の親子をお招きし、大平さんと楽しく星や宇宙の不思議について学ぶ「大平さんと学ぶ宇宙の不思議」を実施しました。子供たちは札幌市内を一望できるもいわ山頂駅 展望台スターホールに入場すると目を輝かせながら札幌の景色に魅入っていました。

開会の挨拶とともに、前半の部がスタート。会場が暗転すると天井いっぱいに広がる星空に歓声があがりました。前半は大平さんから、会場いっぱいに広がる星空と宇宙の不思議についてジョークを交えながら解説すると、参加した親子からは時折笑い声が聞こえていました。休憩を挟み、後半の部は大平さんより自作プラネタリウムを製作するまでの過程をプレゼンテーション。幼少期からメガスター完成までの過程を得意のジョークを織り交ぜ会場を湧かせる一方で、「冗談に聞こえることが、案外実現するかもしれない。」と夢を実現し続ける大平さんならではの“夢を持つこと”の大切さを子どもたちに伝えていました。

最後は、大平さんからサプライズプレゼントとして、10代から60代までの参加者ひとりひとりにメッセージカードと世代別で内容の違う限定動画をプレゼント。参加者との記念撮影も行い、約1時間の講義は無事終了しました。子供たちは宇宙の神秘を体感するとともに、夢や目標を持つことの大切を学んだ一日となりました。

【ゲストプロフィール】
大平 貴之(おおひらたかゆき)
プラネタリウム・クリエーター。小学生の頃からプラネタリウムの自作に取り組み、現在もMEGASTARの次世代型投影機を開発中。

【開催日時】
2014年4月13日(日)13:00~14:00(1部)、15:00~16:00(2部)

【開催会場】
もいわ山頂駅2階 展望台スターホール
〒064-0942北海道札幌市中央区伏見5-3-7

【エンゼルのつばさプロジェクトとは】
「今こそ、子どもの未来を見つめたい。」
森永製菓は創業から100年以上の歴史の中で、商品作りやさまざまな企業活動を通じて、常に子どもたちの笑顔に寄り添える存在でありたい、と思い続けてきました。
エンゼルのつばさプロジェクトでは、人と人との絆を大切にしたい時代に、子どもたちの未来がもっと可能性あふれるものになるためのお手伝いをするために、日本の子どもたちを支援する活動をしています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング