エコプロダクツ2013 CFPオフセット・ポイント制度セミナーを開催 「どんどん広げよう!どんぐりポイントの輪!」

PR TIMES / 2013年12月16日 16時17分

2013年12月13日(金) 東京ビッグサイトにて

CFPオフセットポイント推進委員会(所在地:東京都東久留米市本町1-4-1)は、経済産業省の平成25年度「見える化」制度連携活性化事業費補助事業として、カーボンオフセットを普及・促進する「どんぐりポイント制度」を11月1日(金)よりスタートし、協賛事業者を募集しています。
この度、日本国内で最大規模の環境展示会である、「エコプロダクツ2013」内で、どんぐりポイントの概要を説明する「CFPオフセット・ポイント制度セミナー」が開催されました。



 セミナーには各企業のCSRや商品開発担当者など50名以上に出席を頂き、セミナールームは満席となりました。
 経済産業省の挨拶に始まり、「どんぐりポイント制度」の意義や事業概要、活用方法について紹介されました。その後は、新聞やオンライン、さらには現在放送中であるラジオ番組「久保純子のどんぐりラジオ」をはじめとした様々なメディアでの広報・宣伝面でのメリットを説明、トークセッションでは、委員会プロモーターと申請登録事業者4社(NPO法人、建築業、農業、製造業)が登壇し、普及のためのアイデアや、将来への展望など、本制度に対する意見を交わしました。
 セミナー参加者からは、「どんぐりの輪というコミュニティに可能性を感じた」、「今回のセミナーをもとに本制度の活用に向け自社内でもアイデアを考えていきたい」、「広報・宣伝面での広がりに期待できる」といった内容の声が聞かれました。


◆セミナー概要

●名称:「どんどん広げよう!どんぐりポイントの輪!」 ー「どんぐりポイント制度」ー
●会期:2013年12月13日(金) 14:00~16:30
●会場:東京ビックサイト(東1~6ホール) 会議棟6階 609会議室
●主催:CFPオフセットポイント推進委員会
●内容:「どんぐりポイント制度」の紹介/「どんぐりポイント制度」の広報・宣伝でのメリット
    「どんぐりポイント制度」の活用方法、事例紹介など/質疑応答


◆「どんぐりポイント」とは?

「どんぐりポイント」とは、「カーボンフットプリント(CFP)を活用したカーボン・オフセット製品・サービス」の普及促進とともに、地球温暖化防止や対策を中心に、さまざまな環境活動を支援するために創設されたポイントです。

※カーボンフットプリント(CFP)とは、製品やサービスのライフサイクル全体(原材料の調達から、製造、流通、使用、廃棄まで)で排出したCO2を算出して「見える化」する仕組み。
 「ライフサイクルで排出されるCO2に配慮した製品やサービス」の普及が進むだけでなく、そのポイントを収集する様々な団体(学校、地域、NPO、サークルなど)が、環境に配慮した商品やサービスと交換したり、環境活動に寄付したりすることで、社会全体に環境配慮をどんどんひろげていくことを目指しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング