アミティエ、「不正送金撲滅プロジェクト」を発足 第1弾として企業WEBサイトへのサイバー攻撃を無料で調査

PR TIMES / 2014年6月10日 14時10分

~増加し続けるネット不正送金問題における企業関与~



株式会社アミティエ(東京都渋谷区、代表取締役 横田 武志、以下当社)は、不正送金問題を撲滅するべく、撲滅プロジェクトを立ち上げます。当社が展開するクラウド型IPS+WAF「攻撃遮断くん」を軸に企業に対して啓蒙活動を行い、企業の不正送金への関与の減少を目指す。プロジェクトの第1弾の取り組みとして、まずは企業の会社概要ページ等のWEBサイトがどの程度サイバー攻撃にさらされているか無料で調査・レポートする。2014年6月10日(火)より無料調査の提供を開始いたします。

1. WEBサイトが改ざんされることによる、企業の不正送金(犯罪行為)への関与が増加
近年、日本の政府機関や大学、企業を対象にしたサイバー攻撃が活発化しており、2013年に国内で起きたサイバー攻撃は約128億件(※)で、その数は年々増加しています。中でも、現在特に目立っているのが、企業のWEBサイトが改ざんされ、知らぬ間に、企業がネットバンク等を利用した不正送金に関与してしまう問題です。攻撃者は、セキュリティが脆弱な企業のWEBサイトを改ざんすることでWEBサイトを閲覧した個人のPCにウイルスをダウンロードさせ(ドライブ・バイ・ダウンロード)、ネットバンク等のID、パスワードを盗み取るという手口を用いています。2014年5月の段階で既に不正送金の被害額は14億1,700万円に至っています。


[画像1: http://prtimes.jp/i/9107/3/resize/d9107-3-757686-0.jpg ]


近年では大手企業でもWEBサイトが改ざんされるケースが続出しており、2013年の国内の改ざん被害は7000件以上で、前年の4倍にも拡大しています。被害にあった企業も、WEBサイト経由で不正送金に関与した際には、被害者ではなく加害者として罰則を受けるリスクも存在します。
※独立行政法人情報通信研究機構(東京)調べ


2.「不正送金撲滅プロジェクト」に関して
「サイバー空間の安全安心を創造する」を理念として掲げている当社では、この度、上記のような背景を受けて、「不正送金撲滅プロジェクト」と題して、当社が展開するサイバーセキュリティサービス「攻撃遮断くん」を軸に、不正送金撲滅をテーマに啓蒙活動を進めていく運びとなりました。
一般的に個人情報の入っていないWEBサイトにサイバーアタック対策は不要だと考えられていますが、実際はセキュリティが脆弱な情報発信サイトが狙われ、不正送金に利用されています。しかし、情報を発信しているだけで売上のないWEBサイトのセキュリティ対策は予算を確保するのが難しいのが現実です。
そこで当社では、プロジェクト第1弾の取り組みとして、まずは自社のWEBサイトがどの程度サイバー攻撃にさらされているかを知って貰うことで、不正送金関与の危険性を訴求するべく、企業に向けてWEBサイトの無料調査サービスを6月10日より提供開始いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング