ICタイムリコーダー NFC利用の勤怠管理クラウドサービス 権限管理機能等、中規模ユーザー向け機能を充実Ver.5.1へ 300社以上で導入 150円でツイッターでも利用可能 株式会社オープントーン

PR TIMES / 2014年2月20日 17時47分

導入社数、年々倍増の新時代のIC(NFC)を利用したクラウド型勤務管理「ICタイムリコーダー」がバージョンUP!!月額150円 IC、Web、モバイル(スマートフォン)そしてツイッターで利用可能です

NFCを利用したクラウド型ICカード利用の勤怠管理システム、ツイッター勤怠でも利用可能な「ICタイムリコーダー」(1ID150円初期費用無料)が2014年1月末バージョンUpし5.1となりました。特に権限管理機能を強化し、中規模以上のユーザー様の利便性を大幅に高めました。
 そのほかにも様々な機能改善を行ったICタイムリコーダーは2014年利用者数も前年の倍以上となりさらに多くの事業者様に御利用いただいております。



 ソフトウェア開発、クラウド型勤怠管理システム開発・販売を行う株式会社オープントーン(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐藤 大輔)はICカード(NFC)を利用したクラウド型勤怠管理サービス「ICタイムリコーダー」のバージョン5.1をリリースいたしました。

 今回のバージョンアップでは、権限機能を大きく強化。中規模以上のユーザー様の利便性を大幅に高めました。これまでの管理部門、上長、通常ユーザー権限だけでなく、従業員様向けの打刻に特化した「スタッフユーザモード」を追加したしました。「スタッフユーザモード」では更新等の管理に要する権限が全て上位権限ユーザーにゆだねられる形となり、御利用社様の勤務管理ワークフローに沿った運用が可能になりました。
 多くの御利用社様から要望の厚かった本機能により、400社、500社と「ICタイムリコーダー」の導入加速を目指してまいります。

 ■■■製品コンセプト■■■
「ICタイムリコーダー」は汎用交通機関用ICカードや携帯電話・スマートフォンに搭載され普及している非接触型のICカードの利用を前提としたクラウド型勤怠管理システムです。
システム初期費用が無料、かつ、月額150円/人(税別)を実現することによって、数百人規模の企業様だけでなく、数名から数十名のお客様にも勤怠管理システムの導入を可能にいたしました。

 ■■■新バージョンV5.1で追加された機能■■■
1.スタッフユーザーモード
・「打刻」「勤怠データの閲覧」に特化した従業員様向けの権限機能が追加されました。

2.勤怠確認、一覧機能
・月の勤怠データの管理に便利な「チェック」機能を追加いたしました。チェック済みユーザーにはフラグをたてられるようになり確認状況の管理が容易になりました。また、部門毎にチェック状況の一覧が確認できるようになりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング