医師も推薦するスイス生まれの次世代健康シューズ「Joya」(ジョーヤ)秋の新作をリリース

PR TIMES / 2014年8月25日 14時2分

歩行時に膝や腰にかかる衝撃を吸収し負担を軽減させる新開発の特殊なソールを持つ、膝・腰に驚くほどやさしい新世代の健康靴

まるで素足で砂浜の上を歩いているようなやさしい感触で膝、腰への負担を大幅に軽減し、さらに自然と姿勢を整えてくれる新開発の特殊なソールを持つ新世代の健康シューズJoya(ジョーヤ)。
2014年秋の新作では、好評を得ている従来モデルの新デザインに加えて、Joyaならではの、やさしく、やわらかい履き心地はそのままでに、より安定感を高め、より軽量化した新しいソールが登場。



腰痛の人は全国に推定で2,800万人いることが、厚生労働省研究班の調査で分かっており、40~60代の約4割が腰痛で悩んでいます。関係学会によると原因不明の腰痛では、安静よりも適度な運動が効果的であるとしています。

膝や腰に痛みを抱え、日常生活の中で安心して歩行を楽しむことができない‥このように足腰の健康問題で生活の質の低下を感じている人が急増しています。こうした状況を一変させるべく、歩行時に膝や腰にかかる衝撃を吸収し負担を軽減させる新開発の特殊なソールを持つ新世代の健康靴としてスイスで誕生したのがJoya(ジョーヤ)。

Joyaは多くの方にストレスなく歩くことを心から楽しんでもらいたい、そんな開発者の思いから2008年にスイスで生まれました。
この靴を開発したのは世界的にヒットし、日本でも芸能人やモデルの使用で話題になった靴、MBTを開発したカール・ミューラーと息子のカール・ミューラーJr.。現在Joyaは世界25カ国で販売されています。

Joya独特の"やわらかいソール"は、まるで素足で砂浜の上を歩いているようなやさしい感触で膝、腰への負担が大幅に軽減され、長時間歩いても疲れにくい。さらに、前後左右360°の自然な動きをサポートすることで、身体をいたわりつつ、全身の骨格筋を活性化させるため、履くだけで自然と姿勢が良くなり、人間本来の理想的な歩き方を実現し、歩くことをより楽しい経験にします。

2014年秋の新作では、好評を得ている従来モデルの新デザインに加えて、Joyaならではの、やさしくやわらかい履き心地はそのままでに、より安定感を高めより軽量化した新しいソールが登場。カジュアル、スニーカー、などタイプ別に、9月上旬より11の専門店と百貨店にて展開中の期間限定ショップで展開。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング