船頭とともに潟舟で「潟」の魅力を直に体験! 5/17(土)より「潟舟体験」開始!

PR TIMES / 2014年4月30日 12時31分

「新潟市」の大小さまざまな湖沼「潟」の魅力を発信する、潟キャンペーン「水の潟ログ」スタート

新潟県新潟市では、2014年4月からおこなわれる新潟県のデスティネーションキャンペーン開催に合わせて2014年4月19日(土)から6月15日(日)まで『潟キャンペーン「水の潟ログ」』を開催しています。4月より実施している企画に加え、5月からは「潟舟体験」や「こども潟工房」などの企画がスタート致します。



5月よりはじまる企画の目玉となる「潟舟体験」は5月17日(土)~6月15日(日)の期間にキャンペーンのメイン会場となる鳥屋野潟(とやのがた)にて実施致します。手漕ぎの木船に乗って、船頭の案内とともに舟に揺られながら片道約30分間のゆったりとした潟散策を体験できます。潟の中から見える風景や自然を体感することを通じて、潟がもつ魅力をダイレクトに体験できる企画となっています。

その他にも、こども向けワークショップ「こども潟工房」、新潟市内にある潟それぞれが持つ個性を自慢する「潟自慢コンテスト」、市民参加の演劇「潟と共にある新潟」を実施致します。「こども潟工房」では、潟周辺で活動している団体の協力と共に、潟にある自然素材で和紙やランプシェードなどの工作体験ができ、「潟自慢コンテスト」では、市内に数ある潟それぞれが持つ貴重な歴史や財産を発表することで潟の魅力を再発見する企画です。「潟と共にある新潟」では、『200年前、西区の潟と川とともに暮らしてきた地元住民』をテーマとした演劇で、潟と共存してきた地域住民との歴史を表現し、現在の潟の姿や今後の潟との関わりについて考えます。

なお、キャンペーン開始とともにスタートした辻口博啓氏ら有名料理人による「潟食カフェ」や新潟市内の主要な潟や観光名所を巡るバスツアー「水の潟ログ号バスツアー」、さまざまな新潟市の踊り文化を体感できる「新潟ODORI@潟」などの企画も好評実施中です。

イベント情報やスケジュールなどキャンペーンに関する情報を始め、「潟マップ」や「潟の歴史」、「潟の自然」など「潟」に関する様々な情報も入手できる公式サイト(http://www.mizu-kata.jp/)も開設しています。


<5月スタートのイベント概要>

●潟舟体験
潟における地域文化体験・自然体験の一環として、潟舟を運航。メイン会場(清五郎潟)と、清五郎排水路・鳥屋野潟を経由して、水辺の見晴らし台近辺をつなぐ。潟の中から見える風景や自然を体感できる。
[運航期間]5月17日(土)~6月15日(日)の土日
[運航時間]午前10時~午後4時(片道およそ30分)
[のりば]天寿園西端部(天寿園→水辺の見晴らし台)
     水辺の見晴らし台近く(水辺の見晴らし台→天寿園)
[乗船料金]1回(片道)一般:500円、小学生:200円
[定員]6名

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング