Arbor Networks が Peakflow(R) モバイルネットワーク分析を発表

PR TIMES / 2014年2月27日 16時34分

HSPA/LTE ネットワークに可視性と脅威の検出を提供することで、業界をリードする Peakflow ソリューションを機能拡張

Arbor Networksは、本日、モバイル データ トラフィックの着実な増加と進化する脅威を管理するという課題に直面するモバイル ネットワークオペレーター(MNO)に向けて設計されたPeakflow(R) モバイル ネットワーク分析を発表しました。



米国マサチューセッツ州バーリントン、2014年2月27日-エンタープライズやサービスプロバイダーのネットワークを対象とした分散型サービス拒否 (DDoS) 攻撃と高度な脅威からの保護ソリューションのリーディングプロバイダーである Arbor Networks, Inc.(以下「Arbor Networks」)は、本日、Peakflow(R) モバイル ネットワーク分析を発表しました。この新しいソリューションは、モバイル データ トラフィックの着実な増加と進化する脅威を管理するという課題に直面するモバイル ネットワークオペレーター(MNO)に向けて設計されました。Heavy Reading の2013年モバイル ネットワークセキュリティ調査によれば、モバイルオペレーターの 60% が悪意のある攻撃によって 1 時間を超えるネットワーク停止またはサービス低下を経験しています。現在まで、MNO はモバイルパケットコアを通過するトラフィックについて、適切なレベルの可視性を確保できていませんでした。したがって、悪意の有無を問わず、サービスの可用性やパフォーマンスを脅かすトラフィックを検出することはほぼ不可能であり、これがネガティブな顧客体験や混乱につながっていました。

Arbor NetworksのPeakflowモバイルネットワーク分析では、パケットコアから直接テレメトリを収集し、多岐にわたる直観的レポートツールを介してさまざまな角度からシグナリングアクティビティを見ることができます。これらのレポートツールでは、オペレーションとセキュリティに関する以下の主要な情報が入手できます。

SGSN/SGW/MMEノードとGGSN/PGWノード間の詳細なシグナリングフロー動作 - リアルタイム、および過去を振り返っての分析。
異常なシグナリングメッセージ量、応答時間、情報要素コードの検出と警告 - セキュリティチームとオペレーションチームが原因を迅速に識別できるようにするため。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング