ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート、425万ドルをかけたレインボー壁画修復プロジェクトが完了

PR TIMES / 2014年6月24日 17時8分

オアフ島のシンボル、かつて世界で最も高い歴史的なモザイク壁画の持続可能な保存のために



ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート(所在地:米国ハワイ州ホノルル市、以下ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ)は、敷地内のレインボータワーに描かれているシンボル的存在「レインボー壁画」復元の完成を祝い、6月23日(月)に政府高官、旅行業界関係者、地元のメディア、施工関係者などが出席してハワイの伝統的な祝福と落成式を行いました。ヒルトン・ホテル&リゾーツは、レインボータワー2面にあるレインボー壁画の持続可能な保存を目指し、1968年の公開当時に世界で最も高いモザイク壁画と指定された著名なアーティストのミラード・シート氏が設計したオリジナルデザインに忠実に復元する修復プロジェクトに425万ドルを投じました。

シート氏がデザインしたオリジナルのモザイク画は、31階建てのレインボータワー両サイドに16,000以上の手書きのセラミックタイルで構成されており、2.5マイル(4km)離れた海側に焦点が当てられて描かれていているため、オアフ島を訪れる旅行者を温かく迎え入れる印象を与えています。ヒルトン・ホテル&リゾーツは、高さ286フィート(約87m)、幅26フィート(約8m)のモザイク画の復元を、修復プロジェクトやセラミックタイルの生産で長い歴史を持つ英国の老舗の専門会社「ジョンソン・タイル」に依頼しました。

修復プロジェクトは2013年9月、タワー両サイドの既存のタイルを除去することから始まりました。タイル制作と施工工程は、ジョンソン・タイルの職人が細かいタイルを1枚1枚丁寧に確認し、大型写真と比較しながら完璧な色合わせと壁画のタイルのそれぞれの複製を行いました。新しい壁画のために31,000枚以上のタイルを使用しました。

ジョンソン・タイルのクリエイティブ・ディレクター、ダレン・クランフォード氏は、「レインボー壁画はヒルトン・ハワイアン・ビレッジだけではなく、ハワイの人々にとって大変重要な意味を持っています。我々が制作するタイルが確実にミラード・シートのオリジナル作品の情熱や特徴を表現できるよう、あらゆる手立てを施しました」と述べています。

修復プロジェクトに関わったシート氏の息子トニー・シート氏は、「これは父の主要な作品のひとつであり、ハワイにある重要な父の遺産です。献身的な保存活動を行うヒルトンに感謝しています」と述べています。また、新しい壁画の山側の基礎部分にはトニー・シート氏の新しいアートワークが取り入れられています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング