キーレス・パスワードレス・ウォレットレスの時代へ向けて 世の中で話題のニュースを情報セキュリティの視点から解説!“Bye-bye パスワード”マガジン Vol.2 ~ 2014 June ~

PR TIMES / 2014年7月3日 9時27分



ディー・ディー・エスPR事務局は、キーレス・パスワードレス・ウォレットレスの時代へ向けた生体認証セキュリティのレベル向上および実用性認知の向上に貢献する事を目的として、“Bye-bye パスワード” マガジンを配信しています。
本号では下記の「TOPICS 」について、最新情報をお届けいたします。

==================================================================
【TOPICS】
1.セキュリティ新時代への突入
鍵や(IC)カード等の「所有」、IDやパスワード等の「記憶」を用いる時代についに限界が訪れている。「パスワードの父」と呼ばれる元MIT教授フェルナンド・J・コルバトも「パスワードは悪夢」だと語っている。情報漏洩事件が渦巻く現代において、新時代を支えるセキュリティの方法は「生体認証」となりうるのだろうか。その核心に迫ります。

2.迫り来る!?不正ログインの猛威
LINEやニコニコ動画をはじめとする日本を代表するネットサービスにも、不正アクセスの猛威が及んでいる。「リスト攻撃」といわれる方法で、流出したログイン情報が使い回されている。さらには、日本の大手企業まで攻撃を受けており、緊急の対応が求められる時期に突入している。
==================================================================


1.セキュリティ新時代への突入 ~3種類のセキュリティを知っていますか!?~
「情報漏洩事件」は日々のニュースでよく耳にしますが、情報を守っている「3種類のセキュリティ」は知っていますか??実は、3種類のセキュリティを理解することで、セキュリティの時代の変遷が理解できるのです。

【3種類のセキュリティ】


1.所有-鍵/(IC)カード
2.記憶-ID/パスワード
3.生体-指紋認証/静脈認証


■所有から記憶認証がセキュリティとして通用しない時代への突入
かつて、鍵やカードによりセキュリティを築こうとしましたが、所詮は「モノ」のため、無くしてしまう恐れがありました。そこで、現在私たちが多く使用している「ID/パスワード」を利用する時代が訪れましたが、今度は「忘れる」危険性が大きく、多くの情報漏洩事件が頻発しています。さらに、明るみに出る事件にも限りがあり、報道されている事件は氷山の一角に過ぎないかもしれません。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング