~SIMフリースマートフォン「freetel」 2014年・秋モデル~ 「freetel nico」予定スペックを大幅引き上げ! ジャパンクオリティ&低価格帯でこれまでにない性能を実現

PR TIMES / 2014年6月27日 9時21分

プラスワン・マーケティング株式会社(以下、POM 本社:東京都、代表取締役:増田薫)は、SIMフリースマートフォンの最新モデルとして2014年9月上旬に発売を予定している「freetel nico(フリーテル ニコ)」につきまして、スペックをさらに引き上げる形で変更いたしますので、発表いたします。また、「freetel Priori(フリーテル プリオリ)」につきましては、発売月の変更とともに、予定していた4色に加え、人気のあるピンク、グリーンを加えた6色で展開をいたします。



■ ジャパンクオリティの高品質×低価格-初心者~上級者まで納得の性能に!
SIMフリースマートフォンブランド「freetel(フリーテル)」は、立ち上げ当初より、「高品質」、「安価」、「快適」という3つのコンセプトを掲げ、気軽にご使用いただける低価格だけではなく、機能面を兼ね備えた製品ラインナップを展開してまいりました。また、従来のような端末代金割賦式ではなく、契約年数のしばりのない料金システムと、スマートフォンとしては最安値クラスの端末代金を実現。「freetel nico(フリーテル ニコ)」を含め、今秋に発売となるフルラインナップについても、ジャパンクオリティに基づいた高い品質をこれまでにない低価格でご提供いたします。

このたび、当初発表の内容より大幅にスペックを引き上げて9月上旬に発売開始するのが、スマートフォン初心者の方から上級者の方まで幅広い方にマッチする「freetel nico(フリーテル ニコ)」です。お客様からの様々なご要望にお応えして、前回発表した仕様から大幅スペックアップした形でご提供させていただきます。最大の特長である3G、3GのDualSimはそのまま踏襲。最新OSのAndroid4.4 KitKatを搭載したモデルで、画面が見やすい5.0インチの大画面。ディスプレイの解像度もqHDよりHD(1280×720)にバージョンアップしました。CPUはクアッドコアプロセッサ1.3GHzを採用してどんなときでも快適な動作を実現。内蔵ストレージは4GBから8GBに変更し、アプリをたくさん入れても安心な容量です。また、カメラの性能についても、フロントカメラを30万画素から200万画素に大幅アップし、バッテリーは2000mAhと約360分の通話が可能な大容量ですので、充電が切れてしまう不安やストレスからも解放されます。カラーはブラック、ホワイトに加え、多数のご要望をいただいていたシャンパンゴールドを追加いたします。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング