FXCMジャパン証券、Meta Trader 4 (MT4) で一切加工のないインターバンク・レートの提供を開始

PR TIMES / 2014年10月9日 19時16分

~スプレッドのマークアップを廃し、透明性の高い自動売買環境を提供~

FXCMジャパン証券株式会社(以下FXCMジャパン(FXCM Japan Securities Co., Ltd.)、本社:東京都千代田区大手町、代表取締役社長:飯田和則)は自動売買対応のFX取引プラットフォームであるMeta Trader 4(MT4)*において、マークアップ等一切加工のないインターバンク・レートそのままを提供するサービスを本日開始し、あわせて透明性の高い、低額の手数料制に移行すると発表いたしました。



FXCMジャパンはかねてより、ディーリング・デスクを介さず、顧客との利益相反が生じないNDD(ノー・ディーリング・デスク)モデルを提唱しております。そして今回、インターバンクそのままのレートをNDDで提供するモデルを日本国内に導入することで、FXCMジャパンは引き続き「公平な取引環境」ならびに「透明性ある取引コスト」を投資家の皆様にご提案していきます。

FXCMジャパンはMT4口座に先駆けて、2014年8月21日に一切加工のないインターバンク・レートをそのまま提供する新スタンダード口座の新規口座受付を開始いたしました。新スタンダード口座による1カ月間の取引量を、同様の裁量取引プラットフォームである「Trading Station」を利用した従来の口座と比較した結果、2014年9月の取引量はリリースから1カ月間で従来の口座と匹敵する取引量となっています。(下記表)

※取引量と稼働口座数の割合にはその他口座(CFD口座、ミラートレーダー口座、MT4口座)は含まれません。

新スタンダード口座が実現する生のインターバンク・レートでは指値・逆指値の注文執行のメリットが大幅に拡大するため、特に取引頻度が多いお客様や短期取引スタイルのお客様に受け入れられたものと考えています。今回サービスを開始するMT4のプラットフォームにおいては、FX取引の経験者や自動売買の利用者が多数おられます。透明性のあるインターバンク・レートの提供や利益相反のないNDD取引環境はそのような投資家のニーズに応えるものであると考えています。

■インターバンク・レートで直にお取引できるMT4口座をリリース
本日2014年10月9日より、マークアップ等一切加工のないインターバンクの生レートを提供するMT4口座(手数料制)の新規口座開設申込の受付を開始。すでにMT4口座をご契約しているお客様は新仕様への変更を申請することで、新しい仕様での取引を開始することができます。なお、12月8日には全ての既存MT4口座が新仕様に移行される予定です。

■MT4口座の取引概要ならびに手数料


▽新MT4口座についての特設サイト
http://www.fxcm.co.jp/rawspread


■実質往復取引コストの算出方法(1万通貨:参考)
実質往復取引コストは「スプレッド」 と「往復手数料」の2つの要素から構成されています。以下1万通貨あたりの実質往復手数料は以下のとおりです。

※弊社はNDDモデルを採用しているため、スプレッドは変動制となっております。上記スプレッドはあくまでも実質お取引コストを算出するための参考スプレッドです。


*自動売買プラットフォームのなかで圧倒的な支持を得ているMT4
MT4はロシアのMetaQuotes社が開発・提供している取引プラットフォームです。独自のテクニカル指標を組み込むことができる高性能なチャート機能を搭載し、自動売買プログラムのエキスパートアドバイザー(EA)を利用することで自動売買にも対応できます。MT4は世界でも圧倒的な支持を得ており、2014年第2四半期(4月~6月)で全世界のリテールFX取引量の26.9%をMT4が占めています。(※出典:Forex Magnates Q2 Industry Report 2014)


FXCM ジャパン証券株式会社について
FXCM ジャパン証券株式会社は、NY証券取引所に上場するFXCM Inc. (NYSEティッカ―:FXCM)の100%子会社です。FXCMは日本の関東財務局を含む世界主要国の監督機関に登録され、世界的なサービスを提供しています。

FXCMグループはその初期の段階から日本を非常に重要な市場と位置付け、2001年より日本でのサービスを提供している日本においてFXを提供する会社のなかで最も長い歴史をもつ金融法人の一つです。 FXCMグループは常に最先端のテクノロジーを追求し、お客様には公平で透明性のある取引環境を、安心してご利用いただくことを目指しています。

FXCM ジャパン証券の詳細情報 は http://www.fxcm.co.jpでご覧いただけます。


本件に関するお客様のお問い合わせ先
FXCMジャパン証券 カスタマーサポート
フリーダイヤル:0120-733-776
Email:support@fxcm.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング