森村商事 海外拠点の販売・会計システムとして「A.S.I.A.」を採用

PR TIMES / 2014年11月10日 12時31分

~経営環境の変化に柔軟に対応できるITインフラによるグループ連結経営基盤の強化を図る~



東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:大澤正典、以下B-EN-G)は、森村商事株式会社(本社東京都港区:、代表取締役社長:森村裕介、以下森村商事)が海外拠点を含むグループ企業を対象としたグローバル連結経営基盤として、日本企業の海外法人管理のために開発されたコンパクトなERPパッケージ(販売・会計システム)の「A.S.I.A. GP ERP版」(以下A.S.I.A.)を採用し、導入中であることを発表します。導入支援はB-EN-Gが中心となって行い、ベトナムやタイ拠点においては現地のパートナーが現地語でのトレーニング等のサポートサービスを提供します。2014年内にベトナム拠点、2015年春にタイでの稼動開始を予定しています。

■海外拠点の管理業務やシステムの平準化でグループ連結経営基盤を強化する
製造業の生産拠点が海外へシフトする昨今の流れの中で、森村商事ではこの5年で海外拠点数が倍増しています。本年8月のベトナム現地法人設立をきっかけに、海外拠点の管理業務とシステムの平準化、BCP(事業継続計画)対応、および海外拠点の牽制機能の強化を推し進めることになりました。その課題を解決する販売・会計システムとして採用されたシステムが「A.S.I.A.」です。A.S.I.A.導入により各拠点や拠点間での在庫・受発注管理を徹底させるとともに、経営環境変化への柔軟な対応を可能にするグループ連結経営基盤の強化を図ります。また、日本、ベトナム、タイの複数拠点でのシステム展開ノウハウを社内蓄積し、他地域での展開も視野に入れています。

■業務に適合した機能、海外拠点での実績と本社主導での導入が採用の決め手
A.S.I.A.採用の理由は下記の通りです。
1) 業務に適合した機能を備えるシンプルで分かりやすいパッケージ
2) 多言語、多通貨、多基準
3) 日本で導入準備をし、複数拠点での横展開が可能
4) 現地語でトレーニングが可能
5) 海外での導入実績

■森村商事本社ではリスク管理としてデータのバックアップと教育を目的として導入
森村商事は日本本社での「A.S.I.A」の導入も予定しています。自然災害や有事等が発生した際のリスク回避やBCPを考慮し、本社内でデータのバックアップを取ります。また、社内トレーニングや他の現地法人での「A.S.I.A.」横展開を準備するためのテスト環境としての活用も考えています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング