社員教育サービス「実践情報セキュリティ研修」2014年9月4日(木)サービス開始!

PR TIMES / 2014年9月4日 11時49分

~情報漏えいリスク減少、社員のITリテラシー向上に貢献~

 エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)は、情報資産を扱う現場社員のITリテラシー向上、内部漏えいリスクの低減を目的とした“社員教育サービス「実践情報セキュリティ研修」“(URL:http://www.motex.co.jp/products/education/)を、2014年9月4日(木)より開始いたします。



 


 情報漏えい事故がもたらす影響は、業務停止、社会的信用・ブランドイメージの失墜といった企業への影響のほか、解雇、懲戒処分といった社員への影響があります。2013年の情報漏えい事故発生件数は年間1,333件、被害人数約931万人、損害賠償額は一件の情報漏えい事故につき、約1.6億円という状況(※1)です。さらに、近年のスマートフォン、タブレットなどスマートデバイス端末、クラウドサービスなどの急速な普及に伴い、情報を保管する手段、媒体・場所が多様化したことで、思わぬところから情報漏えいが引き起こされるリスクが拡大しています。
※1:JNSA 2013年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書~個人情報漏洩編~

 このような市場背景から、MOTEXでは企業が抱える情報漏えいのリスクを低減させ、企業のビジネスの円滑化に貢献すべく、“社員教育サービス「実践情報セキュリティ研修」”の提供を開始します。本サービスは、情報資産を扱う現場社員のITリテラシーを向上させ、内部漏えいリスクの低減につなげるソリューションサービスです。社員のITリテラシーの向上により、USB紛失、メールの誤送信、パスワードの管理ミスをはじめとした人為的なミスによる情報漏えいや、特定の情報を狙ったサイバー攻撃の一種である標的型攻撃による被害防止に貢献します。

 また、MOTEXのIT資産管理・ログ監視ツール「LanScope Cat」で収集したデータやレポートを研修に活用することで、研修による抑止効果をより高めることも可能です。実際に取得した操作ログを利用することで、監視されていることを再認識してもらうことができるMOTEXならではのソリューションです。

■社員教育サービス概要
・サービス名: 社員教育サービス「実践情報セキュリティ研修」
・サービス開始日: 2014年9月4日(木)
・料金: 有償 ※詳細はお問い合わせください。
・サービスURL: http://www.motex.co.jp/products/education/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング