評価者の7割以上が「人事評価や制度の見直しが必要だと思う」と回答 ーー中間管理職の悩み。

PR TIMES / 2014年11月26日 15時9分

~中小企業の人事に関する調査~評価者編

人事評価システム・運用支援を専門とする株式会社あしたのチーム(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 恭介、以下「あしたのチーム」)では、人事に関するインターネット調査を実施いたしました。
前回、中小企業における人事の実態を把握するため、従業員300名未満の会社で、人事採用・評価に携わっている会社経営者・役員もしくは人事担当者(有効回答数400人)、そして実際に評価を受ける側の従業員(有効回答数400人)の男女20歳~69歳に対して、人事に関するアンケート調査を行いました。
(前回調査リリースURL:http://www.ashita-team.com/news/research02.php
今回は、マネージャー職など実際に評価を行う評価者の方を対象に、調査を行いました。



●人事に関する調査 評価者編 トピックス

■人事評価についての満足度、部下は「満足している」6.3%とわずか。
「やや満足している」と回答した38.8%を合わせても45.1%と半数に満たない結果に。
前回調査と比較をすると、評価される側の従業員の満足度が最も低いものの、評価者側も半数が満足していない結果となった。

■人事評価、評価者の74.8%が悩んだり困ったりすることが「ある」と回答!
人事評価に悩んだり困ったりすることがあると回答した方の理由の上位は、「目標設定があいまいなため、評価を下しづらい」52.5%、「評価基準があいまいなためフィードバックを的確に行えない」43.1%、「評価と報酬の関連性がもてていないと感じている」38.8%となった。

■「人事評価や制度を見直す必要がある」 77.5%
「役員の先入観だけで最終評価が決定されている」、「上司に受けのある人間が評価されている」など、実際に評価される側である従業員と一緒に従事する評価者の評価が、最終評価に反映されていないことが要因か?

■人事評価の課題、「給料や報酬の決定方法」が最も多く88.6%が課題と感じている結果に。
「給料や報酬の決定方法」が評価の課題と感じている方が合計88.6%。次いで「部下の評価の結果に対する合意」77.3%、「フィードバックや部下を評価する時間が取れない」71.3%、「部下との関係性で贔屓が出てしまう」62.5%となった。どの項目も半数を超え、評価者は多くの課題を感じながら評価を行っているようだ。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング