音の明瞭感が向上するフルバランス回路によるバランス入力端子を装備した、“躍動感のある低域”で音楽を楽しめるクラスDアンプ※1搭載インテグレーテッドアンプを発売

PR TIMES / 2015年9月3日 13時35分

~DSD11.2MHz/PCM384kHz対応の高性能DAC搭載モデルも発売~

 オンキヨー&パイオニア株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:中野 宏)は、パワーアンプ部に長年にわたり研究開発を続けている最新のクラスDアンプを搭載し、プリアンプ部にフルバランス回路によるバランス入力端子を搭載したPioneerブランドのインテグレーテッドアンプ「A-70A」を発売します。また、DSD11.2MHz/PCM384kHzの再生に対応するUSB DAC機能を搭載したインテグレーテッドアンプ「A-70DA」「A-50DA」を発売します。



[画像: http://prtimes.jp/i/13593/3/resize/d13593-3-328485-0.jpg ]

       ※画像は、上段が「A-70A」、下段左下が「A-70DA」、下段右下が「A-50DA」

商品名:インテグレーテッドアンプ
型番:A-70A
希望小売価格(税別):188,000円
型番:A-70DA
希望小売価格(税別):210,000円
型番:A-50DA
希望小売価格(税別):113,000円
発売予定時期:9月下旬

 本機に搭載している最新のクラスDアンプは、これまで培ってきた技術と部品の最適化により、高い伝送効率を実現しており、より表現力豊かに微細な音まで再生することができます。また、大容量電源トランスを採用した電源部との組み合わせにより、電気信号の高速応答性(即応性)に優れたクラスDアンプならではの俊敏な音の立ち上がりと制動が可能となり、楽曲本来の持つ“躍動感のある低域”再生を実現します。
 「A-70A」「A-70DA」は、プリアンプ部にアナログバランス入力端子を装備しており、さまざまなバランス出力機器との高品位な伝送接続が可能になるとともに、プリアンプ部のフルバランス回路からクラスDアンプの差動入力段へダイレクトにバランス伝送されることで、ノイズが少なく明瞭な音の再生を実現します。「A-70DA」
「A-50DA」は、左右のチャンネルで4chパラレルドライブが可能な高性能8ch DAC(ESS社製ES9016S)を搭載しており、USB DAC機能によるDSD11.2MHz/PCM384kHzのハイレゾ音源の再生に対応します。また、デジタル入力端子(同軸・光)を装備し、PCMデジタル音声信号出力を持ったテレビやCDなどと接続することで、音声を高品位に再生することができます。

【主な特長】
1) “躍動感のある低域”を実現する最新のクラスDアンプを搭載
パワーアンプ部には最新のクラスDアンプを搭載しており、これまで培ってきた技術と部品の最適化により、高い
伝送効率を実現することで、より表現力豊かに微細な音まで再生します。出力素子に高効率駆動の「ダイレクトパワーFET」を採用することで、回路とヒートシンクの小型化が可能になり、電気信号のロスや共振ノイズを大幅に低減するとともに、容積を必要とする大容量電源の搭載を実現しています。これにより、電気信号の高速応答性(即応性)に優れたクラスDアンプならではの俊敏な音の立ち上がりと制動が可能となり、楽曲本来の持つ“躍動感のある低域”で音楽を楽しめます。

2) プリアンプ部にフルバランス回路によるアナログバランス入力端子を搭載(A-70A/70DA)
プリアンプ部は高解像再生を可能にするフルバランス回路を搭載しており、バランス入力端子からの信号を高品
位にバランス伝送するとともに、クラスDアンプの差動入力段へダイレクトに送出できるので、ノイズが少なく明瞭な音の再生を実現します。また、アナログバランス入力端子には、NEUTRIK社製「XLR3タイプ」を装備しており、さまざまなバランス出力機器との高品位なバランス接続ができます。

3) 各回路部の相互干渉を排除する「プリ/パワーセパレート構造」を採用
プリアンプ部、パワーアンプ部を鋼板の構造体で分離し、相互干渉ノイズを遮断することで、セパレートアン
プ※2のようなニュアンス豊かな再生と円滑なスピーカー駆動を実現します。

4) プリ/パワーアンプ部それぞれに独立した大容量電源トランスを搭載(A-70A/70DA)
プリアンプ部、パワーアンプ部それぞれに充分な容量を持つカスタム電源トランスを搭載することで、プリ部、パワー部に最適かつ余裕を持った電源供給が可能となり、応答性の高いアンプ駆動を実現します。また、それぞれのトランスのシールドを徹底することで、磁束ノイズも大幅に低減しました。

5) 独立電源巻線による大容量電源トランスを搭載(A-50DA)
大容量のカスタム電源トランスの搭載により、プリアンプ部、パワーアンプ部に余裕を持った電源供給が可能にな
り、応答性の高いアンプ駆動を実現します。また、プリアンプ部/パワーアンプ部/制御部用それぞれの電源巻き線
を独立させることで、相互干渉を大幅に低減しました。

6) USB DAC機能によるDSD11.2MHz/PCM384kHz再生対応の高性能8ch DAC搭載(A-70DA/50DA)
ESS社製8ch DAC(ES9016S)を搭載し、左右のチャンネルでの4chパラレル駆動により、ノイズを大幅に低減することで高S/Nを実現します。USB DAC機能を搭載し、DSD11.2MHz/PCM384kHzのハイレゾ音源の再生に対応しています。また、デジタル入力端子(同軸・光)を装備しており、PCMデジタル音声信号出力を持ったテレビやCDなどと接続することで、音声を高品位に再生することができます。

7) 共振ノイズを低減する筐体設計と機構部品を採用
3分割シャーシ構造により各回路ブロックのシールド性と筺体の剛性を高め、共振ノイズを低減しています。
「A-70A」「A-70DA」は、アルミパネルを側面に、リジッドアンダーベースを底面に採用することで、低重心化と高剛性化を実現し、共振ノイズを低減しました。また、真鍮削りだし加工のインシュレーターを採用することで、音の厚みを増し、解像度の高い音を豊かに表現します。

8) アナログレコードを高音質に再生できる高性能フォノイコライザアンプ(PHONOアンプ)を搭載
高性能なPHONOアンプを専用基板に配置しているため、アナログレコードを高音質に再生します。「A-70A」
「A-70DA」はMM用とMC用カートリッジに対応し、フロントパネルのスイッチによって切り替えが可能です。「A-50DA」はMM用カートリッジに対応しています。

9) パワーマネージメント機能搭載や低消費電力の実現など、環境に配慮した設計
環境に配慮し、電源ONで30分間使用しない場合、自動的に電源が切れるパワーマネジメント機能「APD」(Auto
Power Down)を搭載するとともに、高効率のクラスDアンプの採用により、低消費電力(A-70A/A-70DA:74W、A-50DA:72W)を実現しました。

10) その他の特長
・ラウドネスやトーン回路をパスし、原音を忠実に再現するダイレクト機能を搭載。
・本機をパワーアンプとして使用できるパワーアンプダイレクト機能を搭載。
・高品位な金メッキ処理を施した真鍮削りだし加工のカスタム大型スピーカー端子を装備(A-70A/70DA)。
・音量レベルを減衰させ、小音量時の音量微調整が可能なアッテネーター機能を搭載(A-70A/70DA)。
・アルミ無垢材削りだし加工のボリュームノブを採用(A-70A/70DA)。
・極太電源コードを採用(A-70A/70DA)。
・各機種にヘアーライン仕上げの質感の高いリモコンを付属。
・当社ネットワークオーディオプレーヤー「N-70A」「N-50A」とコントロール端子で接続することで、専用の
 コントロールアプリ「Pioneer ControlApp」をインストールしたスマートフォンによる基本操作が可能。

※1 音声信号をパルスの幅成分に変換し、出力素子でのロスを大幅に低減できるアンプ方式。
※2 音楽ソース機器からの信号を受けるプリ部とスピーカーを駆動させるパワー部を分離・独立させた専用アン
   プの呼称。
* 「Pioneer」及び「Pioneerロゴ」は、パイオニア株式会社の商標であり、ライセンスに基づき使用されて
  います。
* 他のトレードマークおよび商号は、各所有権者が所有する財産です。
* その他の商品名、技術名および会社名等は、各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング