ブレインケア、軽度認知障害プロジェクトに参画し認知症研究開始

PR TIMES / 2017年6月14日 11時25分

キャピタルメディカ・ベンチャーズを引受先とする第三者割当増資を実施

 認知症予防ソリューションや医療データ解析を提供するブレインケア株式会社(東京都世田谷区、代表取締役 山本大輔、以下当社)は、病院の経営支援や高齢者住宅を運営するキャピタルメディカグループの企業内ベンチャーキャピタルである株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ(東京都港区、代表取締役 青木武士、以下キャピタルメディカ・ベンチャーズ)を引受先とする第三者割当増資を実施しました。これに伴いキャピタルメディカグループと業務提携し、認知症に関する研究を開始します。

 本提携により当社は、キャピタルメディカグループがJR東日本スポーツ株式会社(東京都豊島区:代表取締役社長 岩崎伊佐雄、以下JR東スポーツ)と認知症基礎研究の第一人者である東京大学大学院薬学系研究科機能病態学富田泰輔研究室とが共同で実施している『軽度認知障害早期発見及びリスク低減プログラム開発運営プロジェクト』(以下MCIプロジェクト)に参画し、認知症に関する研究を共同で開始することを発表します。


■業務提携の詳細

 厚生労働省の調査によると、65歳以上の高齢者のうち認知症の方は推計15%で、2012年時点で約462万人に上ることがわかっており、軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計され、65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”となる計算になっています(※1)。認知症は近年大きな社会問題とされ、その社会的コストは年間約14.5兆円にものぼると言われています(※2)。

 認知症を発症した後に健常状態に戻ることはできないとされている一方で、軽度認知障害(MCI)から14%~44%の方が健常に戻る可能性があることから、リカバリープログラムを施すのは早期であればあるほど効果的と考えられています。したがって、大きな社会問題である認知症対策としては、現状では軽度認知障害を早期に発見し、併せて適切なリカバリープログラムを実施することが有効であると言われています。

 このような背景を踏まえ、認知症治療専門病棟を含む22病院の経営支援や14施設の高齢者住宅を運営するキャピタルメディカは、認知症基礎研究の第一人者である東京大学大学院薬学系研究科・富田教授の全体監修のもと、フィットネスクラブや介護予防サービス事業を行うJR東スポーツと共同でMCIの早期発見テスト及び認知症リスク低減プログラム「アタマカラダ!ジム」を開発・運営しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング