オンラインPython学習サービス「PyQ」、プログラミング未経験者向け「Pythonプログラミングをはじめよう」コースを公開

PR TIMES / 2020年7月13日 10時40分

~ストーリー仕立てで「プログラミングとは何か」という感覚をつかめるスタート編~

株式会社ビープラウド(代表取締役社長 佐藤治夫、本社所在地:東京都渋谷区、以下「ビープラウド」)はPythonオンライン学習サービスである「PyQ(パイキュー)」に新コース「Pythonプログラミングをはじめよう」を追加したことを発表します。

新コース「Pythonプログラミングをはじめよう」はプログラミング未経験者が、プログラミングとは何かという感覚を掴むことを目的としたコースです。11パート構成で、平均12時間で解き終わる設定です。
本コースの対象は、プログラミング経験が全くないユーザーを想定しています。Pythonを用いた計算、条件分岐、繰り返し処理、ファイル読み込みといったプログラミングの初歩に触れるカリキュラムです。ブラウザ上のエディターで手を動かして学ぶ形式です。最後の問題では学んだことを組み合わせて実際に使えるプログラムを作ります。




[画像1: https://prtimes.jp/i/25386/3/resize/d25386-3-434026-0.png ]


◼️「Pythonプログラミングをはじめよう」コースとは
人気のプログラミング言語であるPythonの、初心者レベルから実務レベルまでを対象としたオンラインPython学習サービス「PyQ(パイキュー)」の初心者向けのコースです。環境構築が不要で、ブラウザーで学習する仕組みです。本コースの新しい取り組みとして、対話形式での導入やプログラムの構造をイメージ画像で示すことなどにより、全くのプログラミング初学者が取り組んでもイメージしやすい構成としました。PyQの従来のコンテンツは、プログラミングを写経した後実務的な問題に取り組む現場に即した方式です。従来コンテンツと比較して、プログラミングに全く触れたことがなくても挫折せずに学べるよう配慮しています。

特徴その1:キャラクターと楽しく学習
ヘビのキャラクター「キューちゃん」がエンジニアの「パイ先輩」にプログラミングを習いながら、キューちゃんの業務を効率化する内容です。それぞれのパートは対話形式のストーリーでコンパクトに区分けしてあり、隙間時間に自分のペースで学習できます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/25386/3/resize/d25386-3-205386-1.png ]


特徴その2:知らない言葉や操作で不安にならない
プログラミング初心者向けのコースのため、Pythonの基本用語を詳しく説明しています。また、その問題を解くことで何の役に立つのか、どのようなアプリケーション、サービスを作れるのかという疑問を明確にするために「学ぶこと」「学習のポイント」を問題ごとに定義しました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/25386/3/resize/d25386-3-686027-2.png ]



特徴その3:身近な題材で学び、思うままにその場で試せる
本コースでは「メールの宛名の一括置き換え」「原稿の文字数の計測」など、仕事で使えると便利なプログラムを作ります。問題終了後に、問題で使用したプログラムを改変しながら動作確認することも可能です。

[画像4: https://prtimes.jp/i/25386/3/resize/d25386-3-734814-3.png ]


本コースの受講後は、PyQの提供する既存のコースを3040円からの定額で学習いただけます。Django/スクレイピング/データ処理/機械学習等業務レベルまで対応するカリキュラムの、入り口となるコースとして作成しました。

チームメンバーが相互に質問ができ、進捗を確認しあいながら学習できる「チームプラン」ご利用時にも、本コースを選択できます。企業の研修担当者様におかれましても、プログラミング未経験者への研修など、企業・グループでのPython学習でも、スムーズな導入が可能です。

◼️開発の背景
従来の学習コースでは、初心者レベルから実務レベルまでを想定しており、その学習範囲の広さからプログラミング未経験者には取り組みの進捗状況をイメージできないという課題がありました。未経験者は、「一人前になるのにどれくらい時間がかかるのかわからず不安を感じる」「自己の成長を評価できない」「勉強方法がわからない」という不安に陥ることもあります。上記のような理由でプログラミングを諦めてしまう未経験者の方を一人でも減らすために、実際に身近な仕事で役に立つプログラムを作りながら、一歩ずつ楽しくプログラミングを学べるコースを開発しました。

◼️オンラインPython学習サービス「PyQ(パイキュー)」の特徴
「PyQ(パイキュー)」は、ブラウザのみで稼働する、環境構築の不要なPythonオンライン学習サービスで、税込月額3,040円(ライトプラン)から受講できます。
現役のプログラマーが作成・運用する実務型のカリキュラムは、Python基本/Django/スクレイピング/データ処理/機械学習など全16コース、1571問(2020年7月現在)で構成されています。

ライトプランの他、疑問に思ったことを質問し、現役プログラマーからの学習サポートが受けられるプラン(スタンダードプラン:月額8,130円)も提供しています。
また、企業での研修などチームでの学習を助ける進捗管理機能、レポート機能、メンバー同士での質問機能を備えたPyQチームプランも提供しています。

◼️オンラインPython学習サービス「PyQ(パイキュー)」について
名称:
PyQ(パイキュー)
サポート環境:PC(macOS/Windows)
サポートブラウザ:Firefox/Chrome
料金:
ライトプラン 月額3,040円(税込)(「Pythonプログラミングをはじめよう」コースを含む全カリキュラムを受講可能)
スタンダードプラン 月額8,130円(税込)(ライトプラン+Python学習サポート)
チームライトプラン 月額11,000円/人(税込)(「Pythonプログラミングをはじめよう」コースを含む全カリキュラムを個人プランの内容に加え、チーム全体の進捗管理やレポート、チーム内での質問機能等を提供)
チームスタンダードプラン 月額21,560円/人(税込)(チームライトプラン+Python学習サポート)
※キーボードが必要です。また、スマートフォン、iPadなどには対応していません。PC上のブラウザが必要です。
URL: http://pyq.jp

◼️株式会社ビープラウドについて
株式会社ビープラウド( http://www.beproud.jp/ )はソフトウェア開発のプロフェッショナル集団です。
2008年にPythonを主言語として採用、優秀なPythonエンジニアがより力を発揮できる環境作りに努めています。Pythonに特化したオンライン学習サービス「PyQ(パイキュー)( http://pyq.jp )」、IT勉強会支援プラットフォーム「connpass(コンパス)( https://connpass.com/ )」の開発・運営など、技術・ノウハウの発信と技術コミュニティへの協力にも力を入れています。

<「Pythonプログラミングをはじめよう」コース パート一覧>
https://prtimes.jp/a/?f=d25386-20200710-4625.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング