モンドセレクションはお金を払えば誰でも金賞を受賞できる!?

PR TIMES / 2017年7月6日 10時12分

~ 2017年 日本の受賞商品の集計調査 ~

株式会社Foods R&D(本社:東京都豊島区、代表取締役:安達 成明)は、今年マルタで開催された授賞式の後、「モンドセレクションはお金を払えば誰でも金賞が受賞できるのか」という問い合わせが増えているため、モンドセレクションの事務局に確認するとともに、今年公開された受賞結果の日本企業の集計調査を実施しました。



■概要
受賞結果が銀賞や銅賞など期待通りでなければ非公開にすることができ、連続受賞ではない、はじめて出品した場合の金賞以上の受賞率を確認したところ誰でも金賞を受賞できる状況ではないことがわかりました。

〈モンドセレクションに関する日本企業の集計調査〉
対象商品:日本企業が2017年に受賞した商品1487品(公開のみ)
対象期間:2016年-2017年

■今年受賞した商品のうち連続受賞が約57%占めている

受賞商品の中には昨年金賞を受賞した商品を再度連続で出品し受賞しているものも含まれています。
昨年と今年の日本の食品飲料4部門の受賞商品を調べた結果、今年受賞した1487品のうち、連続受賞が842品、連続でない初受賞が645品で連続受賞が約57%も占めています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/26940/3/resize/d26940-2-648311-1.jpg ]

※4部門:食品、ダイエット・健康食品、ビール・水・ソフトドリンク、スピリッツ&リキュール


■食品部門の初出品による最高金賞の受賞率はたったの3.3%

食品部門の日本の受賞商品数を調べた結果、最高金賞の受賞率については連続受賞の場合は29.5%、連続でない初出品の場合は3.3%で、金賞の受賞率については連続受賞の場合は53.1%、連続でない初出品の場合は33.1%で、食品飲料4部門の中で一番難しい受賞率でした。


[画像2: https://prtimes.jp/i/26940/3/resize/d26940-3-697245-0.jpg ]


■日本の受賞統計は公開希望だけの数字となり、非公開分は含まれていない
  
 出品者は、4月に受賞者に結果が通知され、その時点で受賞結果の公開・非公開を選択できるため、非公開を希望すれば授賞式で配布される受賞リストに掲載されません。今回集計したすべての数字には非公開の商品は含まれず、日本企業の非公開商品数がどのくらいあるのか公開されていないため、非公開を含む実際の受賞率は今回の調査結果よりも低くなると考えられます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング