ひとりで生きる人たちの【つながり】と【前向きに生きるための暮らしと終活】を応援するライフスタイル提案フリーマガジン「ひとりとひとり(R)︎」2018年4月15日新創刊!!

PR TIMES / 2018年4月13日 18時1分

“おひとりさま”、その「ひとり」と「ひとり」をつなぎ、より楽しく、より充実した、悔いのない日々をおくれるように、厳選した情報を年4回の季刊誌で発信していきます。

2018年2月1日、正式に発足した「一般社団法人ひとりとひとり」[代表理事・安藤奈美(ビジネスネーム:ひろかわなみ)]が発行するフリーマガジン「ひとりとひとり(R)︎」。4月15日に創刊となります。年4回(4月・7月・10月・1月)発行の季刊誌で、“おひとりさま”の【つながり】と【前向きに生きるための暮らしと終活】を応援する、さまざまな厳選情報を発信してまいります。
創刊号のテーマは、おひとりさまの「生き方」。今後は、おひとりさまの「終活」「お金のこと」「親のこと、ペットのこと」などなど、さまざまなテーマをとりあげてまいります。
私たちは、“おひとりさま”という言葉についても、従来のイメージとは異なる捉え方で情報を発信してまいります。ますます増えていく“おひとりさま”が、よりよくつながり、より素晴らしい人生をおくっていくことができるように、こうしたフリーマガジンの発行だけでなく、さまざまな活動も展開してまいります。
どうぞ、ご期待ください!!



[画像: https://prtimes.jp/i/31852/3/resize/d31852-3-635500-0.jpg ]

「ひとりとひとり(R)︎」は、ひとりで生きる人たちの【つながり】と【前向きに生きるための暮らしと終活】を応援するライフスタイル提案マガジンです。


こう説明すると「ひとりで寂しく死なないために読む本」と、捉えられがちですが、決してそうではありません。

大きなテーマは「生き方」です。
『生き方』の中には当然、「逝き方」も含まれていますが、そう深刻に捉えず、暗い気持ちにならないようにして、続きを読んでみていただきたいと思います。
一般社団法人ひとりとひとりの代表理事で編集長でもある ひろかわ なみ が、このプロジェクトを企画した8年前、“おひとりさま”向けマガジンを作りたい! と、周囲に語ったとき、「自分がおひとりさまだなんて考えて生きていたら、孤独すぎて死にたくなる」と、言われたことがあります。“おひとりさま”に、ネガティブなイメージがなかった ひろかわ は、そう言われてびっくり。しかし、いろいろと勉強していくうちに“おひとりさま”の問題は深刻なのだな、と再認識し、さらに、このプロジェクトを成功させたい! と、強い思いがわき上がりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング