薄型時計Rose&Coyの構成部品は、モフモフのお手てによってプレスされていた!

PR TIMES / 2018年4月2日 10時1分

~オーストラリア発の時計ブランドRose&Coy誕生の秘密~

機械の小型化はそれを構成するパーツの精密さも増すため常に壁となってきたが、Rose&Coyはなんとモフモフのお手てによるプレスで薄さ4.1mmの時計を生み出すことに成功していた。



[画像1: https://prtimes.jp/i/31994/3/resize/d31994-3-754676-3.jpg ]


【失敗の連続】
驚異の薄さ4.1mmの時計を生み出すまで、何度も失敗を繰り返していたRose&Coy。時計を薄くするには、それを構成する部品の精密さも求められます。

4.1mmという薄さに、時計の構成部品をすべて納めなくてもいけません。そのため、試作段階で何度もパーツが割れてしまいました。

「薄型時計は無理なのか…。」

開発者が諦めかけていたその時。彼との出会いにより急展開をむかえます。


【工場長との出会い】
現在、工場長を務める開発者の愛犬ならぬ、愛ウサのゆず。実は、全ての時計は文字通り彼の手によって生み出されています。機械では不可能とされていた絶妙な力加減とクッション性により、見事パーツのプレスに成功!精密なパーツを完成させました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/31994/3/resize/d31994-3-246667-6.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/31994/3/resize/d31994-3-171195-0.jpg ]


【モフモフのお手てでソフトにプレス】
ゆず工場長はアメリカンファジーロップ。長毛種のため、お手てのモフモフさはお墨付きです。このモフモフのお手てでプレスする事により、ついにRose&Coyは驚異の薄さ4.1mmを実現することができたのです。


【Rose&Coy】
クラウドファンディング初日で目標売上100%達成!オーストラリア初の腕時計ブランドRose&Coyは、現在クラウドファンディングのマクアケ様にて、4月27日まで特別価格で先行販売を行っております。モフモフのお手てによって生み出される驚異の薄さを実感されてみてください。


こちらのリンクより詳細をご覧いただけます。
https://www.makuake.com/project/roseandcoy/
[画像4: https://prtimes.jp/i/31994/3/resize/d31994-3-105924-5.jpg ]



Facebook: https://www.facebook.com/roseandcoy.jp/
HP: https://temari.website/
Instagram: https://www.instagram.com/roseandcoy/

*今日はエイプリルフールです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング