トークンエコノミー×AI活用のグルメSNS「シンクロライフ」運営の株式会社GINKANが、株式会社セレスと資本業務提携及び総額約8,000万円の資金調達を実施

PR TIMES / 2018年8月10日 13時1分

トークンへの転換権を付与した新スキームによる資金調達

AI×トークンエコノミーを用いた全く新しいグルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)を運営する株式会社GINKAN (本社:東京都新宿区、代表取締役 CEO:神谷知愛、以下GINKAN)は、株式会社セレス(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:都木 聡、東証一部:3696、以下セレス)との資本業務提携を締結し、セレスと2017年のエンジェルラウンドに引き続き小村富士夫氏(元サイバードホールディングス代表取締役会長)を引受先とする総額8,000万円の第三者割当増資を実施。エンジェルラウンドを含めた累計調達額は約1.1億円となります。
本資本業務提携により、アクティブ会員350万人超のスマートフォン向けポイントメディアの基盤を持つセレスと、スマートフォンメディア同士のシナジーや、ブロックチェーン技術の実サービスへの活用における研究開発を目指します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/35259/3/resize/d35259-3-543207-0.jpg ]


[ トークンエコノミー×AI活用のグルメSNS「シンクロライフ」について]

シンクロライフは、ユーザーがレストランでの食体験をレビューとして投稿できるグルメ版SNSです。AIを活用したレコメンドシステムを搭載しており、ユーザーによるレビューやアプリ活用状況等を独自のアルゴリズムで分析・機械学習を行うことで、使うほどに自分好みの飲食店が17万件以上のレビューの中からおすすめされるアプリとなっております。この特長により、ユーザーは飲食店探しにおいて検索の手間をかけることなく、美味しいお店にだけ出会うことが可能となり、飲食店探しにおいて新たな体験を提供します。


またシンクロライフでは、2017年9月に香港法人SynchroLife, LimitedにてICO(※1)を実施しており、ICOで発行したトークン(SynchroCoin)を活用して、良質なレビュー投稿者(レビュアー)がトークンを経済的インセンティブとして受け取れる仕組みの導入を目指してまいりました。この度、2018年8月2日にアプリのバージョンアップを行っており、世界で初めてレストランレビュープラットフォームへトークンによる報酬付与の仕組みや暗号通貨ウォレット機能を導入いたしました。今後、トークンをレストランの食事券と交換したり、食事代金の決済で利用したりできる仕組みの導入を予定しており、自律性が高く、成長し続けるプラットフォームの構築が可能となります。シンクロライフでは、日本語の他、英語、中国語、韓国語に対応しており、現在82ヶ国でユーザー登録、48ヶ国でレビュー投稿がされています。日本だけではなく、国をまたいで食体験を共有できるグローバルなプラットフォームの実現を目指し、サービスを展開する見込みです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング