【世界規模のクラスTシャツ!?】2045年人類がAIに負けると言われる「シンギュラリティ」に立ち向かうためのクラスTシャツ『シンギュラリTシャツ』9月21日(金)販売開始!

PR TIMES / 2018年9月21日 10時1分

クラスTシャツ屋のタカハマライフアート‎が、クラスTシャツを用い、クラスを超えて人類を結束させる!

クラスTシャツ屋であるタカハマライフアート‎(所在地:東京都葛飾区)は、2045年人類の知性がAIに負ける現象「シンギュラリティ」に備えて、過去に数多くのクラスを結束させてきた経験を活かし、クラスを超えて人類を結束させるクラスTシャツ『シンギュラリTシャツ』を9月21日(金)に販売します。『シンギュラリティTシャツ』デザインのテンプレートにチームメンバーの名前を刻み、AIに挑もう!(販売サイトURL: https://www.takahama428.com/app/WP/design-templates/cl-12/)




[画像1: https://prtimes.jp/i/36826/3/resize/d36826-3-577423-0.png ]

■企画背景
2045年に人類の知性がAIに負ける現象「シンギュラリティ」が訪れ、AIが人間を支配していく可能性があります。しかし、「シンギュラリティ」が近づいているにも関わらず、人類は結束するどころか、今なお世界中至るところで対立しているのが現状です。
私たちクラスTシャツ屋は、これまで”クラスTシャツ“を作り続け、小さなコミュニティの結束力を高めることで、クラス同士の戦いに加担してきました。しかし、今本当に戦うべきは「AI」であり、クラスを超えて「人類」を結束させなければならないと危機感を強く抱くようになりました。このような経緯から、私たちは人類を一つのクラスとみなし、人類を結束させる『シンギュラリTシャツ』の開発をし始めました。
■シンギュラリティとは
[画像2: https://prtimes.jp/i/36826/3/resize/d36826-3-335547-2.png ]

シンギュラリティは、コンピューター学者であるレイ・カーツワイル博士が提唱した概念です。AIが発達することにより、AIの知性が地球上の全人類の知性を超える地点という意味で、日本語では技術的特異点とも呼ばれます。レイ・カールワイル博士は、少なくとも2045年には、シンギュラリティに到達すると予想してます。

■概要


プロジェクト名:シンギュラリTシャツ
プロジェクト概要:人類がAIに負けると言われる『シンギュラリティ』に立ち向かうための、クラスを超えて人類を結束するクラスTシャツを発売。
販売サイトURL: https://www.takahama428.com/app/WP/design-templates/cl-12/
販売価格: オープン価格
開始日時: 2018年9月21日(金) 00:00

■『シンギュラリTシャツ』デザインイメージ

[画像3: https://prtimes.jp/i/36826/3/resize/d36826-3-735842-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/36826/3/resize/d36826-3-977185-5.png ]


■タカハマライフアートについて
タカハマライフアート‎は、Tシャツやパーカーなどの衣類にお客様のオリジナルデザインをプリントして提供するオリジナルプリント会社です。1998年に会社を設立し、2018年で創業20年になりました。業界最速の最短当日お届けを強みに年間27万枚のオリジナルTシャツをお客様に納品しています。
会社HP: https://www.takahama428.com/
[画像5: https://prtimes.jp/i/36826/3/resize/d36826-3-769493-4.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング