強羅環翠楼 足柄茶の新茶または紫陽花扇子のお土産付 特別宿泊プラン「離れのくつろぎ初夏ステイ」を発売

PR TIMES / 2019年5月10日 14時40分

紫陽花を代表する白、青、ピンク色のアイテムを身に着けて7,000円割引に。 期間:2019年6月1日(土)~7月10日(水)泊

箱根登山鉄道・強羅駅より徒歩3分、四季折々の風情豊かな庭園を有する強羅環翠楼(神奈川県足柄下郡箱根町、支配人 白田 剛正)では、2019年6月1日(土)から7月10日(水)の期間、神奈川の丹沢・箱根山麓一帯で栽培された足柄茶の新茶を使った料理と色鮮やかな紫陽花を堪能できる宿泊プラン「離れのくつろぎ初夏ステイ」を発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/39129/3/resize/d39129-3-475881-0.jpg ]

本プランではご到着時に、大正時代より栽培されてきた爽快な香りとコクのある旨味が特徴の足柄茶の新茶でお迎えし、ご夕食には足柄茶の新茶を使った鯛新茶漬けや新茶羊羹をはじめ、鱧葛打ちや鮎塩焼きなど初夏ならではの食材を用いた会席料理をお楽しみいただけます。
また、2019年に強羅環翠楼は開業70周年を迎えることから、ご到着時に初夏の風物詩“紫陽花”を代表する白、青、ピンクのいずれかの色のアイテムを身に着けていただくと本プランの料金がおひとり様7,000円割引となるキャンペーンも実施いたします。庭園「華清園」や箱根登山鉄道沿線、箱根強羅公園など6月中旬~7月中旬頃に見頃を迎える紫陽花や、自家源泉掛け流しの温泉、純和室でのくつろぎのひとときなど、初夏ならではの強羅環翠楼への旅をご堪能ください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/39129/3/resize/d39129-3-363393-1.jpg ]




特別宿泊プラン「離れのくつろぎ初夏ステイ」概要

≪夏の味わいを楽しむ会席料金≫
鱧や鮎、とうもろこしなど旬を迎えた夏の食材を随所に用いた会席料理をご用意。揚げ新茶の葉を添えた新茶塩で味わう海老真丈や、魚のアラ出しを使った炊き込みご飯を抹茶と揚げ新茶の葉の香りと味わいで楽しむ鯛茶漬けなど、全10品のこだわりの料理をお楽しみいただけます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/39129/3/resize/d39129-3-649057-2.jpg ]



【特別会席 献立】
・食前酒
・先附  / とうもろこし豆腐 キャビア 銀あん 空豆
・小皿  / 海老真丈 新茶塩 揚げ新茶の葉
・前菜  / 車海老生姜煮 枝豆のたまり煮 生ハム巻き 鮑オクラゼリー寄せ 里芋揚げ煮 卵黄の麹漬け
・御椀  / 鱧葛打ち 湯葉豆腐 じゅんさい 小メロン 梅肉 木の芽 金粉
・御造り / 鮪 白身魚 牡丹海老 烏賊 太刀魚焼霜 芽もの 山葵
・焚物  / 丸茄子 蟹湯葉巻 蓮根 しし唐
・焼き物 / 鮎塩焼き 百合根甘露煮 川海老 レモン たで酢
・肉料理 / 和牛ローストサラダ仕立て
・御食事 / 鯛新茶漬け 揚げ新茶 香の物
・水菓子 / 西瓜 ぶどう 新茶羊羹
※食材の仕入れ状況で献立が変更になる場合がございます。 ※写真は全てイメージです。

[画像4: https://prtimes.jp/i/39129/3/resize/d39129-3-576853-3.jpg ]

≪ 温泉を堪能できる離れでのご宿泊≫
ご宿泊は、源泉掛け流しの温泉が付いた3室の離れをご用意いたします。それぞれ趣きが異なる離れは別荘のようにおくつろぎいただけ、窓からは緑に包まれた庭園「華清園」の風情をお楽しみいただけます。


期間:
2019年6月1日(土)~7月10日(水)泊
内容:
・足柄茶の新茶を使った料理を味わう特別会席のご夕食(お食事処にて)
・和食膳のご朝食(お食事処にて)
・源泉掛け流しの温泉が付いた3室の離れ(明星・山道・三亭、いずれも45平方メートル 以上)でのご宿泊
・ご到着時、足柄茶の新茶を和菓子とともに
・足柄茶の新茶または紫陽花柄扇子のお土産(いずれか1点を選択)
・箱根強羅公園割引券(あじさい展 6/1~6/30にて開催予定)
料金:
1名様 32,000円~(2名様1室ご利用時、消費税別)
[画像5: https://prtimes.jp/i/39129/3/resize/d39129-3-910740-4.jpg ]




ご宿泊当日、紫陽花を代表する白、青、ピンクのいずれかの色のアイテムを身に着けてお越しいただくと、本プラン料金をおひとり様7,000円割引いたします。(キャンペーン適用の場合 1名様 25,000円~(2名様1室ご利用時、消費税別))

<ご予約・お問い合わせ先>
強羅環翠楼 TEL:0460-82-3141
URL: https://gourakansuirou.co.jp/


◇ 初夏の箱根おすすめスポットをご紹介 ◇

[画像6: https://prtimes.jp/i/39129/3/resize/d39129-3-805894-5.jpg ]

箱根強羅公園
1914(大正3)年に開園された、日本初のフランス式整型庭園。四季折々のお花を観賞できるほか、ポタリ―ペインティングや陶芸、茶室での点茶など様々な体験も楽しむことができます。6/1~6/30には約80種のあじさいが並ぶあじさい展も開催予定です。
アクセス:強羅環翠楼より車で約3分
URL: https://www.hakone-tozan.co.jp/gorapark/


[画像7: https://prtimes.jp/i/39129/3/resize/d39129-3-508559-6.jpg ]

箱根登山電車 あじさい電車
箱根登山鉄道沿線のあじさいは、6月中旬頃から開花の時期を迎えます。このあじさいの咲く時期の箱根登山電車は”あじさい電車”の愛称で親しまれています。車窓に触れるほど咲き誇る沿線のあじさいを、ゆっくり走る登山電車からお楽しみください。
アクセス:強羅環翠楼より箱根登山電車・強羅駅まで徒歩約3分
URL: https://yanagimachi-ueda.jp/


強羅環翠楼について


[画像8: https://prtimes.jp/i/39129/3/resize/d39129-3-573622-8.jpg ]

強羅環翠楼は旧三菱財閥岩崎家の別荘を譲り受け、1949(昭和24)年に開業。元は、三菱会社初代社長岩崎弥太郎氏の三男、岩崎康弥氏が1915(大正4)年から強羅分譲地を購入し、まもなく木造2階建ての日本家屋を別荘として建築したのが始まりです。康弥氏が好んだ一昭亭の「松の間」や「晴旭(せいきょく)の間」は当時の姿のまま残されており、窓際の欄干と大きな板ガラスから差し込む光に、良き時代の面影が今も漂います。1955(昭和30)年には昭和天皇皇后両陛下が離れの「錦華亭」にご宿泊されました。また、第1回芥川賞を受賞作家、石川達三氏が尾崎一雄氏と訪れ、館内にある温泉風呂をそれぞれ、「木がくれの湯」「巽の湯」と命名するなど、多くの文豪も足を運ばれました。自家源泉掛け流しの温泉や伝統を受け継ぐ会席料理、四季折々の表情を見せる日本庭園「華清園」など、移り行く季節とともにのんびりとお愉しみいただけます。

所在地: 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
電話: 0460-82-3141
アクセス: 【電車でお越しの場合】箱根登山鉄道 強羅駅より徒歩約3分 【車でお越しの場合】小田原箱根道路 山崎ICより約15km(約30分)
URL: https://gourakansuirou.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング