2019年7月26日(金)、有馬グランドホテルがリニューアルオープン。

PR TIMES / 2019年5月23日 12時40分

1年以上の耐震工事を経て、大型ホールとラグジュアリーな露天風呂付客室のある「別墅 結楽(べっしょ ゆら)」を新設

株式会社中の坊(神戸市北区有馬町1304-1 代表取締役 梶木 実)は、有馬グランドホテルの宴会棟と山側の客室棟(別墅 結楽(ゆら))の耐震工事を完了させ、2019年7月26日にリニューアルオープンいたします。多様化する需要に応えた様々なお部屋と、従来のご宴会に加えMICE利用も見据えた大型ホールの新設で、さらに魅力的に生まれ変わります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/43477/3/resize/d43477-3-408566-4.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/43477/3/resize/d43477-3-424807-5.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/43477/3/resize/d43477-3-126333-6.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/43477/3/resize/d43477-3-975392-7.jpg ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/43477/3/resize/d43477-3-662060-8.jpg ]



[画像6: https://prtimes.jp/i/43477/3/resize/d43477-3-886939-9.jpg ]



[画像7: https://prtimes.jp/i/43477/3/resize/d43477-3-394157-10.jpg ]



[画像8: https://prtimes.jp/i/43477/3/resize/d43477-3-182056-11.jpg ]



【リニューアル3つのポイント】
1.兵庫県下200室以上規模の旅館で初※1となる耐震工事。
2.金泉または銀泉露天風呂付きのラグジュアリーなお部屋や、ご家族・グループで利用しやすい和洋室が充実。
3.最大800名規模の新・大型ホールで「温泉MICE」実現へ。
※1 平成30年9月1日時点「兵庫県 要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断結果」より(当社調べ)

【日本三古湯で三名泉「有馬温泉」】
神代の昔に発見された伝説が残り『日本書記』にもその名が記された、日本有数の歴史を誇る有馬温泉。金褐色の「金泉」、透明の「銀泉」があり、療養泉9成分の内7成分を含有する、豊かな泉質で名高いです。神戸三宮からたった30分で行ける別天地として、高い支持を受けています。

【客室棟】耐震補強工事を行った元・東館は名前を「別墅 結楽」と一新。ラグジュアリーな「露天風呂付客室」や、ご家族・グループでも利用しやすい「和洋室」が充実。一人旅に対応できるお部屋も。

「別墅 結楽」客室のご紹介
<2・7階クラブフロア>専用チェックインカウンターと専用エレベーターをご用意。
2階には「金泉露天風呂付客室 8室」、眺望の良い7階には「銀泉露天風呂付客室 9室」があり、「銀泉露天風呂付特別室 1室」には露天風呂に加え、温水プールもあり、非日常な時間が流れます。

その他、ご家族やグループ旅行におすすめの「和洋室 30室」、MICEでのご利用に最適、一人旅にも対応 「ツインルームまたはダブルルーム 27室」もございます。

【宴会棟】温泉のリラックス効果で信頼関係が深まるのが「温泉MICE」の効能。国際会議開催件数全国2位の神戸市(2017年)にて、従来型のご宴会に加え、旅館ならではのMICE施設を目指します。(宴会棟は耐震建替)

<宴会棟最大のグランバンケット>広さ637平米(2分割可能)、天井高5.95m、最大収容人数800名
ホール内には50名様から利用いただける「ライブキッチン」や和紙作家の堀木エリ子氏による和紙アート、音響や照明も最新設備を整え、様々な演出に幅広く対応できるようになります。他にも「カンファレンスルーム」、二次会に最適な「フレキシブルルーム」も同時オープン。




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング