AIカフェロボットを開発するNew Innovations、三菱地所との実証実験を東京丸の内・新東京ビルにて開始

PR TIMES / 2020年3月23日 10時5分

需給予測AIによって、待ち時間を最短で、一人一人に好みのコーヒーを提供する、無人カフェロボット「root C(ルートシー)」実証実験第二弾を、3月24日より東京丸の内・新東京ビルにて開始します。



株式会社New Innovations(本社:東京都文京区、代表取締役CEO:中尾 渓人)は3月24日から、三菱地所株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長:吉田 淳一)の協力のもと、需要予測AI搭載無人カフェロボットを東京・丸の内エリアの新東京ビルに設置し、実証実験を開始いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/46923/3/resize/d46923-3-201474-0.png ]



【AIカフェロボット root C ルートシー】
[画像2: https://prtimes.jp/i/46923/3/resize/d46923-3-418677-6.png ]



【実証実験に関して】
この度root Cは、サービスの提供基盤に関して大幅なアップデートを完了し、オフィスビルにおけるオフィスワーカーを中心とした消費行動のデータ取得とユーザー体験の検証を目的とし、新東京ビルでの実証実験を行います。
今回よりアプリによる購入が可能となり、提供するコーヒーについても蓄積されたユーザーデータを元に改良、ユーザー体験が大幅に向上しました。また、ハードウェア面でも大幅なアップデートを行い最大同時受け取り可能人数が20名となりました。
今回の実証実験での消費行動を踏まえ、将来的にはシングルオリジンの豆をリアルタイムで個人の嗜好や気分に合わせたブレンドを行うなど、さらなるユーザー体験の向上に努めて参ります。

[画像3: https://prtimes.jp/i/46923/3/resize/d46923-3-260087-4.png ]

【こだわりのコーヒー】
root Cが今回提供するのは、日常ではなかなか出会えないようなコーヒーです。
私たちがコーヒーを飲むとき、たくさんの選択肢がありますが、特徴的なコーヒーというのはコーヒー好きのための特別な楽しみという印象がまだあります。今回、root Cではそんなコーヒーを提供します。


[画像4: https://prtimes.jp/i/46923/3/resize/d46923-3-238914-5.png ]



・すっきりフルーティ
柑橘系のフルーティーな酸味を楽しめるroot Cのオリジナルプレミアムブレンドコーヒーです。
コーヒー発祥の地とされるエチオピアにおける最高品種であるイルガチェフェをベースに、豊かなコクを持つ豆をブレンドしました。豆の個性を引き出すために、それぞれの豆を別々に焙煎した後にブレンドするアフターミックス製法を採用しています。

・プレミアムスイート
チョコレートや完熟フルーツの華やかで甘い香りが楽しめるスペシャルティコーヒーです。
エチオピア最高峰のランクG1に適したチェリーを通常の数倍の時間をかけて徹底的に選別した逸品であるアリーチャ ナチュラルを採用しました。またその製法もとても複雑で困難ですが、その手間が雑味のない最高の味を演出する、root Cが自信をもって提供するシングルオリジンコーヒーです。

[画像5: https://prtimes.jp/i/46923/3/resize/d46923-3-525214-2.png ]



【root C サービスの想い】
多様な選択肢が世の中にある中で、私たちは必ずひとりひとりに自分に合うコーヒーというものがあると考えています。それはもしかすると、毎日同じものではないかもしれません。時間帯や、天気、その日の気分や体調によって変わるものかもしれない。
なぜ今回、甘い香りであったり、フルーティーであったり、少し特徴的なものを選んだかというと、ひとりひとりが本当に自分に合うコーヒーというものに出会ってほしいと考えているからです。
コクの深いコーヒーは比較的簡単に手に入るけれども、特徴的なコーヒーというのはコーヒー好きのための特別な楽しみという印象が未だ強く、高価であったり、特別な場所に行かなくてはいけなかったり、まだまだ日常生活の中では飲む機会が少ないと思います。私たちはそんな日常ではなかなか出会えないようなコーヒーを、みなさんに気軽に体験してもらいたいと思っています。
自分に合うコーヒーは、もしかすると、今までに体験したことのないような、新しいものかもしれない。まずは、少しコーヒーのイメージから離れたような、そんなコーヒーを試してみてもらいたいと思っています。
今後、蓄積されたお客様の嗜好も活用しながら、コクの深いコーヒーからあっさりした飲みやすいコーヒーまで、取り扱うコーヒーの幅を広げていきます。
ひとりひとりがその時に飲みたいコーヒーを、待たずに手軽にスマートに楽しめる、コーヒーがさりげなくそっと寄りそうな新しい未来を目指して、開発を進めてまいります。

【使い方】
root C サービスサイトをご参照ください
https://rootc.cafe?utm_media=prtimes

Google Play Store
https://play.google.com/store/apps/details?id=cafe.rootc&utm_source=offline&utm_campaign=202003jisho-prtimes&pcampaignid=pcampaignidMKT-Other-global-all-co-prtnr-py-PartBadge-Mar2515-1

App store
https://apps.apple.com/app/apple-store/id1499337677?pt=120836605&ct=202003jisho-prtimes&mt=8

【実証実験概要】
実施場所 :新東京ビル (東京丸の内)B1Fおよび8F
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1
期間   :2020年3月24日~2020年4月6日
営業時間 :平日7:30-19:00(24日のみ午後開始予定)
概要   :AIカフェロボットによるコーヒー提供
支払手段 :クレジットカード(JCB/VISA/Master/AMEX/Diners/Discover)
メニュー :「すっきりフルーティ」、「プレミアムスイート」の2種類を基調としたコーヒー全8種類(アイス/ホット)


※root C ルートシーの設置をご検討・ご興味をお持ちのデベロッパー様、企業様へ
下記フォームより設置リクエスト、資料請求を受付中です。
https://forms.gle/hV51WLUfe4W3yBS47


【代表取締役 中尾 渓人より】
「今回root Cが提供するコーヒーは、非常に飲みやすいものになっていますので、普段コーヒーを飲まないような方や、コーヒーは苦くて苦手だ、と思われるような方にも是非試して頂きたいです。もちろん、コーヒー好きの方にも自信をもって提供できるコーヒーとなっています。
また、三菱地所様を初めとしてデベロッパー様やテナント様のご協力のもと、皆様の日々の生活をアップデートできるよう、これからも精進する所存です。
私たちNew Innovationsは、1人1人がより豊かなことに時間を使えるよう、弊社の強みである多方面での高い技術力を生かし、人の限界を需要予測AIと無人カフェロボットによって支え、消費行動の最適化を目指して開発を進めてまいります。」

【代表取締役CEO プロフィール】
中尾 渓人(Keito Nakao)
1999年生まれ 和歌山県出身。
大阪大学工学部。

14歳で自律型ロボットによる国際的な研究競技大会『RoboCupJunior』に日本代表として出場し、世界大会入賞。また、智辯和歌山高校在学中にシステム開発事業を開始し、大阪大学入学と同時に起業。現在は東京を拠点とし、15年以上行ってきたロボット開発の知見を活かして、世界初需要予測AI搭載無人カフェロボット「root C(ルートシー)」を開発。

Facebook: https://www.facebook.com/NakaoKeito
Twitter  : https://twitter.com/KeitoNakao

【本件に関する問い合わせ先】
●株式会社New Innovations
広報:pr@newinov.com

【会社概要】
会社名  :株式会社New Innovations
代表取締役:中尾 渓人
資本金  :4,000万円(資本準備金含)
事業内容 :ロボット及び需要予測システム提供事業
本社   :〒113-0034 東京都文京区湯島3-31-6大塚ビルB1F
URL   : https://newinov.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング