Silver Peak、Microsoftのクラウドサービスとの連携を拡張、企業のOffice 365やAzure Virtual WANへの接続を自動化

PR TIMES / 2019年11月11日 15時5分

Unity EdgeConnect SD-WANエッジプラットフォームがOffice 365やAzure Virtual WANへの接続を自動化し、ユーザーやIT部門に高品質の体験を提供

Silver Peak(R)は、同社製品とMicrosoftの各種クラウドサービスとの連携を拡張したことを発表しました。

【報道発表資料】
2019年11月11日
Siver Peak Systems, Inc.

Silver Peak、Microsoftのクラウドサービスとの連携を拡張、企業のOffice 365やAzure Virtual WANへの接続を自動化

Unity EdgeConnect SD-WANエッジプラットフォームがOffice 365やAzure Virtual WANへの接続を自動化し、ユーザーやIT部門に高品質の体験を提供

【シンガポール2019年11月11日】 “Self-driving wide area network™”によってクラウドによる革新を実現するSD-WANの世界的なリーダー企業であるSilver Peak(R)は、同社製品とMicrosoftの各種クラウドサービスとの連携を拡張したことを発表しました。この連携拡張により、企業のIT部門はUnity Orchestrator™内でワークフローを一括定義し、ビジネス主導のUnity EdgeConnect™ SD-WANエッジプラットフォームを導入している事業所においてMicrosoft Office 365やMicrosoft Azureとの接続を自動化できます。クラウドを利用している企業は、社員に質の高いアプリケーション体験を提供し、IT部門のネットワーク運用業務を大幅に簡素化するとともに、Microsoftクラウドサービスへの投資効果を大幅に拡大できます。

Microsoft Office 365の高度な自動化
クラウドを利用している企業がOffice 365など最先端の生産性向上ツールを導入するにつれ、IT部門は最大限の性能と生産性向上のメリットを確保する責任を負います。Microsoftは、企業が良好なOffice 365体験を得られるよう、ユーザーがインターネット経由で最寄りのOffice 365サービスフロントドアに接続するための接続ベストプラクティスを定義しています。このたびUnity EdgeConnect SD-WANエッジプラットフォームは、Office 365のIPアドレスとURLウェブサービスを完全に統合し、Microsoftの接続ベストプラクティスをデフォルトでサポートしました。この連携拡張はアプリケーション分類とローカルDNS解決(Office 365エンドポイント対応)を実行するFirst-packet iQ™などの高度な機能の価値を強化します。これによってEdgeConnectは、最初のパケットでOffice 365アプリケーショントラフィックを識別および分類し、最寄りのOffice 365エンドポイントに自動的に転送することが可能となります。最寄りのエンドポイントにトラフィックをリダイレクトすれば、Office 365アプリケーションすべての遅延が大幅に短縮され、最大限の性能が得られます。

Azure Virtual WAN接続の自動化
アプリケーションを社内データセンターからクラウドへと移行する企業にとって、Microsoft Azureは魅力的な価値を提案します。Azureクラウドインフラには、Microsoftの高性能プライベートグローバルネットワークで相互接続する世界中のグローバルデータセンター、ハブ、エントリーポイントが含まれます。Azure Virtual WANサービスは、API主導型のソフトウェア定義ソリューションです。これによりUnity Orchestratorは事業所ごとに最寄りのAzureハブを特定し、各支社/支店からAzureへのIPsecトンネルを自動的に確立、監視、維持します。このため、アプリケーショントラフィックはパブリックインターネット上の最短距離でAzureバックボーンに合流します。今回の統合で、ネットワーク管理者は、Silver PeakのクラウドAPIを使用してUnity Orchestrator内で統合ワークフローを確立し、自動化することが可能となりました。したがって、両社のユーザーはAzure VNET内にホストされたワークロードやリソースへの最適なネットワークアクセスを構築し、Microsoftの世界的なバックボーンネットワークの性能上の利点を最大限に得られます。

Silver Peakのアジア太平洋地域/日本担当バイスプレジデントであるDean Vaughanは、次のように述べています。「Silver Peakのほぼすべてのお客様は、Microsoftの製品とクラウドサービスを併用しています。本日発表された連携拡張は、両社のお客様のOffice 365とAzureのユーザー体験を最大限に高めます。本日の発表は、API主導型の統合を通じて、Microsoftという実績ある大手企業が提供し、世界で最も幅広く導入されているビジネスに必須のクラウドアプリケーション/サービスへの接続を自動化するという当社のコミットメントを実証するものです」

MicrosoftのOffice 365担当シニアプロダクトマーケティングマネージャーであるBill Baer氏は、次のように述べています。「Silver Peakとの連携により、両社のお客様は、簡単かつセキュアにダイレクトなローカルインターネット接続を確立し、企業の支社/支店における主要なOffice 365体験を改善できます。このようなダイレクトなローカル接続モデルは、Office 365など接続性能に影響を受けやすいSaaSアプリケーションのユーザー体験を最適化するために必須です。当社は、Silver PeakがEdgeConnect SD-WANソリューションの機能強化を通じてそれを実現することをうれしく思います。また、事業所間の接続を簡素化し、Microsoft Azureでアプリケーションワークロードを充実させたいお客様には、Silver Peakの統合型Azure Virtual WANソリューションでAzureにシームレスに接続していただくことができます」

Silver Peakについて
Silver Peakは、ビジネスファーストなネットワークモデルによってクラウドへの移行をもたらすSD-WANのグローバルリーダーです。Unity EdgeConnect(TM) ( https://ja.silver-peak.com/products/unity-edge-connect)のSelf-Driving WANプラットフォーム™は従来のWANソリューションから企業を解放し、制約に左右されていたネットワークをビジネスの起爆剤へと変革します。世界中に拠点を持つ数千社以上の企業が、100カ国にてSilver PeakのWANソリューションを導入しています。詳細は、silver-peak.com( https://ja.silver-peak.com/)をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ】
〒150-8512 東京都渋谷区桜ヶ丘26-1 セルリアンタワー15F
Silver Peak Systems 合同会社
TEL: 03-5456-5049

Silver Peak広報事務局
担当:川合
e-mail : silver-peak@ambilogue.com
TEL: 03-6454-6930

(C) 2019 Silver Peak Systems, Inc. All rights reserved.シルバーピーク、シルバーピークのロゴ、およびすべてのシルバーピークの製品名、ロゴ、および商標は、Silver Peak Systems、Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。他のすべての製品名、ロゴ、および商標は、それぞれの所有者の所有物です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング