セールスフォースとPrint of Things(R)が連携

PR TIMES / 2020年3月16日 11時35分

- セールスフォースからパーソナライズされたDMやカタログも発送することが可能に -

株式会社グーフ(本社:東京都品川区 CEO:岡本幸憲)と株式会社ディレクタス(本社:東京都品川区 代表取締役:岡本泰治 以下ディレクタス)は、印刷プラットフォーム「Print of Things(R)」とセールスフォース・ドットコムの提供する「Salesforce Marketing Cloud」を連携することができる「PoT Connector」をリリースいたしました。



[画像: https://prtimes.jp/i/49873/3/resize/d49873-3-255486-0.png ]


■Print of Things(R)とは
Print of Things(R)はグーフの提供する、パーソナライズした印刷物を最短24時間で発送可能な印刷プラットフォームです。『紙』だからこそできるコミュニケーション体験をデジタルの世界で実現します。


■PoT Connectorとは
「PoT Connector」 でPrint of Thing(R)とSalesforce Marketing Cloudを連携させることによって、Salesforce Marketing Cloud 上で設定したカスタマージャーニーに基づき、最適なタイミングでパーソナライズされたDMやカタログを発送することができます。デジタルメディアと紙メディアをシームレスにつなげることで、さまざまなマーケティングチャネルでメッセージを統一することができ、顧客体験が統合され、顧客がどこにいても適切な情報が届きます。

また、あて先不明で戻ってきた不達情報も自動的にSalesforce Marketing Cloudに戻すことができるため、不達リストへ住所更新案内メールを送るなど、その後のアクションにつなげられます。

PoT ConnectorではSalesforce Marketing CloudのAPIを利用し通信は暗号化されていますので安全にデータ連携を行うことが可能です。

■ディレクタス×goof
ディレクタスは企業とお客様のダイレクトかつインタラクティブなコミュニケーションを実現するマーケティングエージェンシーです。
今回のパートナーシップを通じ、特にSalesforce Marketing Cloudの利用お客様に限らず、ディレクタスの持つOne-to-One マーケティングに関する戦略立案から施策の企画、コンテンツ制作などのノウハウを活かした提案を連携して提供いたします。

■グーフについて
グーフは『紙』の新たな価値を創造することをビジョンに、デジタルと紙の融合で高付加価値なコミュニケーションの実現を目指し、デジタル・プリントメディアに境なくフリクションレスな体験を提供したいブランドオーナーへ、プラットフォームサービスを展開しています。
Print of Things(R)について  https://www.goof.buzz/pot/

■当リリースについてのお問い合わせ先
<Print of Things>
株式会社グーフ 担当:近藤
MAIL: support@goof.buzz

※Salesforce Marketing Cloud連携はPrint of Thing(R)のオプション機能になり、別途PoT Connectorを契約いただく必要があります。
※Salesforce、Salesforce Marketing Cloud、Salesforceロゴは、セールスフォース・ドットコムの商標です。
※Print of Things(R) は、グーフの商標です。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング