Enpower Japanと東京工業大学 全固体電池向け固体電解質の特許ライセンス契約締結

PR TIMES / 2020年3月12日 11時15分

「東工大発ベンチャー企業」の称号を持つEnpower Japan株式会社( http://enpowerjp.co.jp/)は2020年2月27日、全固体電池向け硫化物系固体電解質の基本特許を持つ東京工業大学と特許ライセンス契約を締結した。今後、硫化物系固体電解質の生産と小型全固体電池の生産に向け、開発を加速する。

今回の特許ライセンス契約に関連する硫化物系固体電解質材料は、さまざまな固体電解質材料の中、世界で最も高水準なイオン伝導率を誇り、世界中で開発が進む全固体電池のカギとなる材料として注目度が高く、量産が期待される。Enpower Japanは、2021年に固体電解質の生産を開始し、研究開発市場や全固体電池メーカーなどへ販売を目指す。

また、この硫化物固体電解質を用いた小型全固体電池の開発も行い、IoTなどセンサー用途をターゲットに、国内外IoTアプリケーション開発企業との協業を通して、硫化物系全固体電池の早期実用化を推し進める。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング