全国各地のワークプレイスとそこにつながる人を可視化、国内初「人でつながる」ワークプレイスプラットフォーム「TeamPlace」サービスを開始

PR TIMES / 2020年10月29日 8時45分

~ スペースにつながる人を可視化し、そのつながりが新しいコラボレーションを生むきっかけに ~

株式会社AnyWhere(本社:東京都武蔵野市、代表取締役CEO:斉藤晴久、以下AnyWhere)は、10月28日より、国内初※の「人でつながる」ワークプレイスプラットフォーム『TeamPlace(チームプレイス)』 ( https://team-place.com) のサービスを開始いたしました。※当社調べ



[画像1: https://prtimes.jp/i/56208/3/resize/d56208-3-135509-0.jpg ]


■TeamPlaceとは
「人でつながる」ワークプレイスプラットフォームです。ワークプレイスにまつわる空間やつながっている人が見え、人のつながりが新しいコラボレーションを生むきっかけを提供します。
全国各地のワークプレイスと運営者が登録されており、TeamPlaceの想いに共感いただける運営者、またユーザーの皆様とこのコミュニティを育ててまいります。

TeamPlaceの3つの特徴


Search: 自分の価値観やニーズに応じて、働きたい場所やつながりたいユーザーを探せます
Connect: 気になるワークプレイスやユーザーにつながることができます
Collaboration: そのつながりがユーザーにとってのTeamとなり、新しいコラボレーションが生まれるきっかけになります

今回は3つの特徴のうち、空間と人の可視化の”Search”と”Connect”で、ワークプレイスとのつながりの一部機能をリリースします。
ユーザー同士のConnectやCollaboration等に関する機能は、今後順次リリース予定です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/56208/3/resize/d56208-3-861403-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/56208/3/resize/d56208-3-333496-2.jpg ]


※ 本プラットフォームへのユーザー登録・ワークプレイスの掲載は無料です。

【Webサイト】
人でつながるワークプレイス「TeamPlace」
https://team-place.com

■サービス提供の背景
働き方の変化にともない、様々な場所で仕事をするワークスタイルが進んでいます。テレワークの浸透により、仕事をする場所はオフィスだけでなく、コワーキングスペースや自宅、カフェや公園、キャンプ場といった場所も仕事ができる場所になります。

オフィス環境スタンダード 第4版によると、ワークプレイスとはオフィスに限らず、人が仕事をしている場所そのものを表す概念で、人が時間や場所に限定されることなく、知識創造活動を行うあらゆる場のこと。

海外を中心としたコワーキングスペース紹介サイトcoworker.comには、170カ国を超える地域の14,000ヶ所以上のコワーキングスペースが掲載されており、目的や用途に合わせた多様な空間を選んで働くことがより一般的になってきています。また国内でも、一般社団法人コワーキングスペース協会によると、コワーキングスペースは全国に1,300ヶ所超あると言われており、さらにホテルのラウンジやお寺、キャンプ場などでも、仕事ができる空間として紹介される機会が増えてきました。

当社は、「Live & Work well anywhere: 世界中の誰もが、どこでも豊かに働き生きられる社会へ」をビジョンに、ワークプレイスの魅力を引き出し、世界中の人々の繋がりを提供するというミッションの下、事業活動を行っております。
私達は常々、本来ワークプレイスには、その運営者や関わっている方々こそ魅力であると考えています。
その信念のもと、国内初の「人でつながる」ワークプレイスプラットフォーム「TeamPlace」を開始いたしました。

■ワークプレイス運営者からのコメント

■株式会社LIFULL 地方創生推進部 LivingAnywhere Commons事業責任者 小池 克典様
ワークプレイスに求めるニーズも変化した今日、「TeamPlace」は働き方をよりクリエイティブにしたい方のスタンダードになると思います。また、「場」を提供する側にとってもロケーションだけじゃない魅力をPRできる良い機会になるのでしょう。どこでも働ける時代だからこそTeamPlaceで「どこで、どうやって」働くかを自ら選んで欲しいと思います。

■鹿児島県奄美市 情報通信産業インキュベーションマネージャー 勝 眞一郎様
現在、リゾート地にあるコワーキングスペースとしてワーケーションの方々や出張者、地元のソロワーカーの方に使っていただいています。利用者同士の交流が進まないのが運営者の悩みでした。TeamPlaceは「あそこに行くと面白い人たちが集まっている」ということで場の価値を高めるための新たな機能として、注目しています。

■群馬県桐生市 NPO法人キッズバレイ 代表理事 星野 麻実様
コワーキングスペースがハブとなって、様々なかたちで繋がれるというのは理想系です!特に地方では『人が全て』と言っても過言ではないくらい、人と人のつながりが新たな試みを生み出してます。これまで、スタッフがつなぎ役になっていましたが、TeamPlaceが浸透していくことで、つながりが見える化し、新しいことが起こりそうだと期待しています。

■山口県下関市 JOIN083(ジョイン・ゼロハチサン) 大丸下関店/株式会社ザメディアジョン・リージョナル 代表取締役 北尾 洋二様
いつの時代も「場」によって始まり、変化を重ねながら、進化を遂げていきました。その過程の中心は人であり、人によって、「場」が発展していきました。「TeamPlace」は、これからの時代と社会における、新たな「見える化」を実現させ、弊社の社是でもある「地域のために地域を越えて」いく、場づくりをサポートしてくれると確信しています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/56208/3/resize/d56208-3-662943-4.jpg ]


■ワークプレイスユーザー登録の概要
【対象となる主なユーザー】


自分の好きな場所で仕事をしたいと考えている方
価値観の合う相手とつながり、一緒に仕事をしたいと思う方
自分の経験や知見を還元しあうことで、豊かな社会を創っていきたいと考えている方
コワーキングスペース、シェアオフィスなどの利用者、他の利用者とのつながりを持ちたいと思う方

※地域は国内外ともに対象です

■ワークプレイス運営者登録の概要
【対象となる主な運営者】


コワーキングスペース、シェアオフィス運営者
ワーケーション施設運営者
サテライトオフィス運営者
その他、仕事ができる環境の提供が可能で、運営者やスタッフ、関わる人が魅力であると考えられている施設運営者

※地域は国内外ともに対象です

【ご登録いただける条件】


運営されているワークプレイスのページを作成いただけること
運営者として、運営者ページを作成いただけること
スペースのオーナー、運営者またはコミュニティマネージャーの方など、その掲載内容に責任を持ってご登録いただけること


【TeamPlaceにスペースを掲載するメリット】


運営への思いや関わる人を可視化し、洗練されたワークプレイスページの作成が可能です。
プラットフォームへの登録やワークプレイス、運営者ページの掲載を無料でご利用いただけます。
運営情報の発信を通じて、場所やつながりを探しているユーザーへのリーチが可能です。
国内外に点在する、空間運営を支援する各種テクノロジーや運営効率化策など、ワークプレイスの魅力アップにつながるコンテンツを随時ご紹介してまいります。
ライターやカメラマンによるコンテンツ作成支援、撮影も承ります (有償でのご提供となり、対応可能な場所等が制限される場合があります。詳しくはお問い合わせください)



■TeamPlaceへの参加方法
TeamPlaceウェブサイトよりご登録ください
スペース運営者は「スペースを掲載する」から、スペース利用者は、「ユーザー登録」からTeamPlaceへ参加いただけます。
https://team-place.com

TeamPlaceでは、そのワークプレイスがどのような思いで立ち上がったのか、どのような想いで運営されているのか、どのようなメンバーがいるのかなど、ワークプレイスの魅力を最大限に引き出し、新しいコラボレーションを生むきっかけを提供すべく、様々な取り組みをご用意してまいります。
ワークプレイスを運営されている運営者の方、またそのような場所や人とつながり、新しいコラボレーションを生むきっかけを得たいユーザーの方、ぜひこの機会にご登録ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング