1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所 大阪支店開設(2021年7月1日)

PR TIMES / 2021年7月1日 16時0分

東京スタートアップ法律事務所 初の関西エリア進出

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所は、2021年7月1日をもちまして、大阪支店を開設いたしました。



弁護士法人東京スタートアップ法律事務所(代表社員:中川浩秀)は関西エリア初となる大阪支店を開設し、2021年7月1日からご相談の受付を開始いたしました。

2021年7月現在、当事務所は東京都(四ツ谷/渋谷)神奈川県(横浜)に事務所を構えております。
皆さまに対してより一層の充実したリーガルサービスの提供を図れるよう、事務所員一同精進して参る所存です。(HP: https://tokyo-startup-law.com/corporate/

■弁護士法人東京スタートアップ法律事務所 大阪支店
〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-13-22 御堂筋フロントタワー3F
電話 03-5213-4142
FAX 03-5213-4215
営業時間 月~金 8:30 ~ 20:00
     土日祝 9:00 ~ 19:00
アクセス JR東西線「北新地」駅より徒歩 3 分
     大阪メトロ谷町線「東梅田」駅より徒歩 6 分
     JR「大阪」駅より徒歩 10 分
URL: https://tokyo-startup-law.com/corporate/about/

■四谷本店
〒102-0083 東京都千代田区麹町6-6-2 東急四谷ビル5F
■渋谷支店
〒150-6139 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
■横浜支店
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい3-7-1 オーシャンゲートみなとみらい8F

◇弁護士法人東京スタートアップ法律事務所のビジョン◇
UPDATE JAPAN「法」という武器を携え、日本のアップデートに貢献する。 弁護士法人東京スタートアップ法律事務所(略称「TSL」)は、この国のアップデートに貢献することをビジョンに掲げています。 新しい世の中を作っていく、世の中を変えていくのはビジョンを持った起業家です。 TSLは、起業家のビジョンに共感し、法の知識とロジックを駆使し、起業家の事業を後押しする存在でありたいと考えています。

なぜUPDATE JAPAN なのか
TSLが掲げる「UPDATE JAPAN」とは、グレーゾーンを進むクライアントを後押しすることで、この国のアップデートに貢献していこうとするチャレンジです。 産業構造の変化が激しい現在、事業の先行きなど誰も正確には測れません。 また、同じく産業構造の変化に伴って、その事業が法律的に「グレー」であるということは起こり得ます。 実際、私たち法律家が事業の法令の適合性を判断しようとした際、「グレー」と言わざるを得ない局面は多数発生しています。その事業は合法かもしれないし、違法かもしれないのです。 そんな時、「NO」と言うだけが法律家の役割であるとしたら、私たちは法律家でいたいと思いません。 私たちは、起業家のビジョンに共感し、その意思決定を尊重する法律家でありたい。 私たちが持っている法律の知識や論理的思考力を、起業家のビジョン実現のために使いたいと考えています。 「UPDATE JAPAN」には、起業家と共にリスクテイクをする法律家でありたい、それによってこの国のアップデートに貢献したいという願いが込められています。

◇取扱分野◇
ベンチャー・スタートアップ企業法務/人事労務問題/契約書作成・チェック/組織再編・倒産/M &A/知的財産権/SaaS法務/サブスクリプション法務/訴訟・紛争解決/倒産法/その他一般民事事件/刑事事件

[画像: https://prtimes.jp/i/78221/3/resize/d78221-3-452220-1.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング