1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【9/22開催セミナー】オープンイノベーションに取り組むタイの名門企業SCG社、日本企業とのパートナーシップを募集!

PR TIMES / 2021年9月9日 9時45分

タイ・東南アジアへのビジネス進出、タイ企業との連携をご検討の方へ

日タイ情報発信プラットフォーム「TJRI」を運営するMEDIATOR CO., LTD.(本社:タイ王国バンコク、代表取締役社長:ガンタトーン・ワンナワス)は、タイ王国最古かつ最大手のセメント製造企業SCG(The Siam Cement Group Public Company Limited.)をゲストに迎え、オンラインセミナー「Open Innovation Talk EP.005」を2021年9月22日(水)日本時間17:00より開催いたします。なお、本セミナー終了後にはSCG社への連携提案の機会をご用意しており、タイ最大手のセメント製造企業SCG社とのビジネス連携の可能性も広がる、貴重なセミナーとなっております。



[画像1: https://prtimes.jp/i/83127/3/resize/d83127-3-d36eb7b6d7cdc2bc74bb-2.jpg ]

今回ご紹介するタイ企業は、1913年創設のタイ王国最古かつ最大手のセメント製造企業SCG(The Siam Cement Group Public Company Limited.)です。SCGは、タイ国内外に200以上のグループ会社と49,700人の従業を抱え、ASEAN最大のコングロマリットの一つにも数えられています。主要事業は、セメント建材メーカーのCEMENT-BUILDING MATERIALS、石油化学事業を手がけるCHEMICALS、製紙事業のPACKAGINGの3つで、2020年の売上高は1.4兆円にものぼります。

また、SCGは、持続可能な社会の実現に向けた活動にも積極的に取り組んでいます。Dow Joes Sustainability Indices(DJSI)の建設資材産業部門では世界ランキングNo.1を獲得し、その他にも環境やサステナビリティ関連の数々のグローバル機関にも加盟しています。ASEANにおけるサステナビリティのリーディング・カンパニーとみなされており、タイの就職先人気ランキングでは常に上位にランクインしています。

SCGのセメント建設資材事業部門は、ますます多様化する顧客の要望に応えるために組織や事業モデルの変化の過渡期にあります。特にニューリテール、ネットゼロ、サービスソリューション、インダストリー4.0、新製品開発分野を重要なテーマとしており、建設と住環境の統合基準を上げていくこと、そしてタイ国内外の企業や組織との協業にも注力しています。

今回の “Open Innovation Talk” では、SCGから2名のゲストスピーカーをお招きし、SCGが取り組むOpen Innovationと優れた新技術を持った日本企業との協業で希望する分野(製品開発とDX)や方向性について皆さんと一緒に探っていきたいと思います。

【セミナー申込み先URL】 https://bit.ly/3DUVlaJ
(セミナー紹介元ページ:) https://mediator.co.th/open-innovation-talk-ep-005-scg/


◆実施概要
セミナー名: Open Innovation Talk EP.005 | SCG
開催日:2021年9月22日(水)
時 間:日本時間:17:00 - 18:30 / タイ時間:15:00 - 16:30
場 所:ZOOMを使ったオンライン配信
言 語:日本語 / タイ語の逐次通訳
参加費:無料
対象者:東南アジア及びタイ企業の動向、タイ企業との連携、タイ進出に興味のある日本企業、在タイ日系企業にお勤めの方

>プログラム
1. TJRIのご紹介
2. タイ企業ニーズ紹介
3. ゲストトーク
- SCGの事業概要の紹介
- SCGの今後の事業計画
- SCGのニーズ発表と日本企業との事業提携の機会提供
4. Q&A

【セミナー申込み先URL】 https://bit.ly/3DUVlaJ

◆ニーズと利用可能なアセット
[1] インダストリー4.0(スマートインダストリー)分野の技術パートナー
|ニーズ(日本企業に求めること)
予兆診断、監視、管理をSCGが独自に構築できるデータ分析のためのプラットフォーム

インダストリー4.0を促進するデジタルツインプラットフォーム技術
工場管理を正確にし、機械操作を効率的にするAI技術
製造現場のスマートデジタルオペレーションと自動化技術

|利用可能なアセット
・200以上の子会社
・主要製品と生産能力
 - セメント(灰色)- タイ国内消費分 2300万トン/年
 - セメント(灰色)- タイ国外消費分 100万トン/年
 - 570のセメント工場
 - 屋根用製品 9800万m2/年
 - 壁用パネル、天井、合成木材 1.13億m2/年
 - 床用・壁用のセラミックタイル 2.25億m2/年

[2] BEV事業の技術パートナー
|ニーズ(日本企業に求めること)
BEV関連のサービス統合やエコシステムプラットフォーム開発の技術

操作性と安全性の向上のためにリアルタイムでBEVの作動を追跡できるシステムの技術
V2G(Vehicle to Grid)技術

|利用可能なアセット
・SCGインターナショナルコーポレーション社のBEV事業法人顧客向けのEVフォークリフト、EVトラック、EVトレイラー、EVバス、EVミニバン、EV乗用車など

[3] ホームIoT関連の技術パートナー
|ニーズ(日本企業に求めること)
利便性、安全性、エネルギー(太陽光発電インバーターなど)、または衛生用品/衛生ソリューションに役立つホームIoT

さまざまなモノがインターネットにつながることで、利用者が屋内外どこからでもアプリを通してデバイス(エアコン、照明、TVなど)を簡単に操作できるイノベーション技術
音声コントロールもしくはアプリでON/OFF操作ができる技術

|利用可能なアセット
・スマートホームシステム「Smart Living」

[4] 脱炭素化または気候変動関連のイノベーション技術パートナー
|ニーズ(日本企業に求めること)


温室効果ガスの排出を削減するための脱炭素化技術
高付加価値製品を製造するSCGの工場向けカーボン・キャプチャー(二酸化炭素回収)技術

|利用可能なアセット
・200以上の子会社
・主要製品と生産能力
 - セメント(灰色)- タイ国内消費分 2300万トン/年
 - セメント(灰色)- タイ国外消費分 100万トン/年
 - 570のセメント工場
 - 屋根用製品 9800万m2/年
 - 壁用パネル、天井、合成木材 1.13億m2/年
 - 床用・壁用のセラミックタイル 2.25億m2/年

[5] 建物用資材の技術パートナー
|ニーズ(日本企業に求めること)
軽量で強度や耐熱性に優れ、衛生的かつ防音効果があり、設置しやすいセメントやコンクリートの建材

環境に配慮したグリーン製品
生活環境や労働環境を衛生的に保つ製品

|利用可能なアセット
・54種類以上のグリーン製品とソリューション
・SCG HOME SOLUTION、HOME MART
・SCGの旗艦店「SCG EXPERIENCE」

◆スピーカー紹介
|Mr. Jirapat Janjerdsak
Innovation Management Office, Director, SCG-Cement and Building Materials
これまでGemplus (Thailand) でインドシナ半島全域のスマートカード事業の開発責任者、Nokia(Thailand)で開発者のエコシステムの統括、Microsoft (Thailand)でAPECのGTM戦略担当、POPS Worldwideのコンテンツ事業の製造開発の統括、Siri VenturesでCTO(最高技術責任者)を務めた後、現在はSCG-Cement and Building Materialsのイノベーション管理事業部のDirectorを務めている。

|Mr. Anurak Bannasak
Open Innovation and Alliance Management Manager, Corporate Innovation Office, SCG
2006年にSCGに入社以来、知的財産の専門家として、また特許業務と特許専門家、戦略的投資のIPインテリジェンス、域内のIP管理を統括するマネージャーを9年務めた後、2015年からは現職のオープンイノベーション及びアライアンス管理部門のマネージャーとして、SCGのオープンイノベーションと戦略的提携プログラムの推進を担っている。 チュラロンコーン大学工学部核技術科 修士及びチェンマイ大学工学部鉱山工学科 学士 取得

|司会進行:ガンタトーン・ワンナワス
MEDIATOR CO., LTD.(株式会社メディエーター)代表取締役社長
在日経験通算10年。埼玉大学工学部卒業後、在京タイ王国大使館工業部へ入館。タイ国の王室関係者や省庁関係者のアテンドや通訳を行い、タイ帰国後の2009年に MEDIATOR CO., LTD.(株式会社メディエーター)を設立。在タイ日系企業の日本人やタイ人、またタイ進出を検討する日本企業に向けた講演、セミナー、研修を行っており、2017年9月には、タイ政府主催の日タイ国交130周年イベント「タイ経済ミッション」にて総合司会を担当。

[画像2: https://prtimes.jp/i/83127/3/resize/d83127-3-4da317b484893eed01c0-0.jpg ]

■「MEDIATOR CO., LTD.(株式会社メディエーター)」について
MEDIATOR CO., LTD.(株式会社メディエーター)は、タイ王国バンコクを拠点とした、日本とタイを伝えるプロジェクトマネジメントチームです。ネイティブレベルの日本語能力を有するタイ人とこれまでに培った多くのネットワークを強みに、日本企業のタイ進出、日本企業とタイ企業の接点創出に向けた幅広いサービスを提供しています。
>「MEDIATOR CO., LTD.(株式会社メディエーター)」の主なサービス

日タイ企業のビジネスマッチング、商談会の企画、運営、管理
タイでの展示会、イベント、ビジネスミッション(視察)の企画、運営、管理
タイでのPR、マーケティングの企画、運営、管理
通訳者、翻訳者手配業務など

【URL】 https://mediator.co.th/

[画像3: https://prtimes.jp/i/83127/3/resize/d83127-3-5cf7527e59dcc20f0718-1.jpg ]


■「TJRI」について
「TJRI(Thai - Japanese Investment Research Institute:日本企業研究所)」は、今後益々必要となる日タイ連携強化に向けて、日本企業とタイ企業がお互いを知り、興味を持ち、連絡を取りたいというきっかけを作ることを目的に、MEDIATOR CO., LTD.(株式会社メディエーター)が立ち上げた「日タイ情報発信プラットフォーム」です。TJRIでは、企業ニーズの調査からセミナーの実施、商談やピッチングの場を通して、日タイ連携をサポートしています。

>「TJRI」の主なサービス

企業ニーズの収集と提供
課題解決型セミナーの実施
商談・ピッチングの場づくり

【URL】 https://mediator.co.th/tjri/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング