1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

日本発サーカスカンパニー「CIRQUEWORK」高知公演 開催決定!!

PR TIMES / 2023年11月13日 17時15分

上演作品は、伝統と革新をテーマに “和とデジタル” が融合する新スタイルサーカス「YOAH(ヨア)」

WORQUES Productions Inc.(本社:福岡市中央区、代表:松本一晃)が総合プロデュースを行う、サーカスクリエイションチーム『CIRQUEWORK(シルクワーク)』の第二弾作品「YOAH(ヨア)」が、2024年3月16日(土)に中国・四国地方初となる高知公演(会場:高知県立県民文化ホール)を開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/85957/3/resize/d85957-3-80464924a4fa6355bac3-0.jpg ]


日本から世界を目指すサーカスチーム「CIRQUEWORK(シルクワーク)」
日本サーカス界の新しい旗手として、コロナ禍の2021年に誕生したサーカスクリエイションチーム。国内外で活躍する若きサーカスアーティストが集い、アクロバット、ダンス、音楽、照明、映像演出などを奇抜に融合させながら、独創性と革新性に溢れるユニークなエンターテインメントを追求しています。

上演するのは “夜明けの月” を意味する作品「YOAH(ヨア)」
シルクワーク第二弾作品となる「YOAH(ヨア)」は、“伝統と革新”をテーマに、和太鼓、エレクトロサウンド、映像演出が融合した新スタイルサーカスです。国内パフォーマーに加え、シルク・ドゥ・ソレイユ作品等にも出演経験がある海外キャストも参加し、日本オリジナル演出の現代サーカスをお届けします。演出を務めるのは、シルクワーク共同創設者であり、世界的ディアボロアーティストの望月ゆうさく。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=xKRmDSszZZs ]


【主な演目】※一部演目を抜粋しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/85957/3/resize/d85957-3-6e1b9a409d510f01dac2-2.jpg ]

マッピング・ディアボロ
[画像3: https://prtimes.jp/i/85957/3/resize/d85957-3-e1a7df1c7814696f006e-3.jpg ]

スウィング・トラピーズ
[画像4: https://prtimes.jp/i/85957/3/resize/d85957-3-50909d76a744f4b7f4de-4.jpg ]

チェア・バランス
[画像5: https://prtimes.jp/i/85957/3/resize/d85957-3-78f9d59f784ae65e5fd8-5.jpg ]

ボールジャグリング
[画像6: https://prtimes.jp/i/85957/3/resize/d85957-3-13bdc97a481877e7f13d-7.jpg ]

エアリアル・シルク

【出演アーティスト紹介(一部)】

増井紬(演目:エアリアル・シルク)
新体操出身のアーティスト。柔らかな身体能力を生かしたエアリアル・シルクの演技を武器に、ブロードウェイミュージカル『ピピン』日本語版等にも出演。本作品ではメインビジュアルも担当。夜明けの月を見上げ、希望を見出そうとする一人の女性(ヨア)を力強く演じる。

望月ゆうさく(演目:マッピング・ディアボロ)
2015年にカナダで開催されたジャグリング世界大会で総合優勝。2018年には人気オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」に出場し米国で一躍人気者となる。2019年には、日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!女芸人一芸合宿」にて女性芸人11名に指導及び総合演出を務め、国内でも大きな話題を集めた。

高取優耶(演目:チェア・バランシング)
福岡出身のパフォーマー。15歳の時に出会った京劇が人生の転機となり、16 歳で単身北京に渡り、京劇界の国家一級俳優に師事。変面や高椅子倒立など様々な演目を習得し、現在パフォーマンスチーム「黒龍舞術団」を主宰。2023年、世界No1オーディション番組の日本版「ジャパンズ・ゴット・タレント」に出演し話題に。

森田智博(演目:ボールジャグリング)
日本を代表するボールジャグリングのスペシャリスト。高校時代にジャグリングをはじめ、卒業後は沢入国際サーカス学校に入学し在学中にジャグリングの全国大会の個人部門で優勝する。京都で人気のノンバーバルシアター『ギア-GEAR-』をはじめ、様々なショーに出演。

アンソニー・ワイス(演目:スウィング・トラピーズ)
モントリオール国立サーカス学校を卒業後、2010年に開催されたバンクーバーオリンピックでは開会式に出演。現在はフランスを拠点に、世界各国のサーカスカンパニー作品に出演するなど世界的に活躍している空中ブランコのスペシャリスト。

▼ 公演概要(詳細はこちら https://kkb-hall.jp/event/event_detail.cgi?event_id=1876
【名称】現代サーカスCIRQUEWORK「YOAH(ヨア)」高知公演
【日時】2024年3月16日(土) 13:15開場 14:00開演
【会場】高知県立県民文化ホール オレンジホール(住所:高知県高知市本町4丁目3-30)
【演出】望月ゆうさく(CIRQUEWORK)
【出演】増井紬 / 望月ゆうさく / 高取優耶 / 森田智博 / アンソニー・ワイス、他
【演目】マッピング・ディアボロ / デュオ・ディアボロ / ボールジャグリング / シルホイール / チェア・バランス / エアリアル・シルク / スウィング・トラピーズ(予定)
※諸事情により出演者や演目が予告なく変更となる場合がございます。

【音楽】竹本仁 / Mars / 筑紫珠楽
【上演時間】約60分
【料金】全席指定 S席6,000円 / A席5,000円 / 学生シート2,000円 ※未就学児入場不可

<学生シートの販売について>
◯ローソンチケット、チケットぴあ、イープラスのみの販売
◯学生シートは小、中、高、大学、専門学校に在籍している方が対象です。小学生以外は引き換えの際に学生証の提示が必要です。学生シートは前売りのみ販売します。
※学生シートは事前に座席が指定されていない「当日引換券」です。当日券売上にて開場の1時間前より指定席券と引換いたします。※2枚以上ご購入の場合は席が離れる場合があります。※ご覧になりにくいお席になる場合があります。※枚数限定

【一般発売】2023年12月1日(金) 10:00~発売
【発売場所】□高知県立県民文化ホール
      □ローソンチケット(Lコード : 63117)
      □チケットぴあ(Pコード : 652-086)
      □イープラス(https://eplus.jp )
【主催】高知県立県民文化ホール(高知県立県民文化ホール共同企業体)/ RKC高知放送
【企画制作】WORQUES Productions
【お問合せ】高知県立県民文化ホール TEL 088-824-5321(9:00~17:00)

▼ 会社概要
社 名  :WORQUES Productions Inc.(ワークスプロダクションズ合同会社)
所在地  :福岡市中央区大名2-10-31-1005
設立   :2021年9月1日
代表者  :松本 一晃
公式サイト:https://www.worques.jp/
事業内容 :エンターテインメント事業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください