「第5 回 DEG ジャパン・アワード / ブルーレイ大賞」グランプリ、各部門賞の受賞作品が決定 『ヒューゴの不思議な発明 3D スーパーセット』がグランプリを受賞

PR TIMES / 2013年2月15日 19時26分

ユーザー大賞は、『glee/グリーシーズン3 ブルーレイBOX』に決定

映像コンテンツメーカーや映像機器メーカーが加盟する次世代デジタルエンターテイメントの普及団体「デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン」(会長:塚越隆行、以下DEG ジャパン)は、同団体が主催する「第5 回DEGジャパン・アワード / ブルーレイ大賞」の授賞式を行い、受賞作品を発表した。





「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」とは、2012年に発売されたブルーレイソフトの中で、ブルーレイディスクの特長を最も活かした作品を表彰するアワードである。第5回目の開催となる今回は、受賞カテゴリーを年々ジャンルの広がりを見せているブルーレイ市場に対応した形となるよう過去最多の合計12部門に改変し、エントリー数も過去最多となる、のべ77作品に上った。この激戦を勝ち抜き、今回はベストBlu-ray 3D賞の『ヒューゴの不思議な発明 3Dスーパーセット』がグランプリを獲得する結果となった。また、一般ブルーレイディスクユーザーの方からの投票のみで決定するユーザー大賞は、過去最多の投票数4,489人の中、ユーザーから最多の支持を集めた『glee/グリー シーズン3 ブルーレイBOX』に決定した。

また、本日開催された第5回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」 授賞式では、DEGジャパン・アワードの第5回の開催を記念し、「DEGアワード アンバサダー」に就任した俳優・映画監督の竹中直人氏がプレゼンターとして出席し、グランプリをはじめとする受賞作品へのコメントと共に、俳優・映画監督としてはもちろん、発売当初からのブルーレイ愛好家としての視点から、ブルーレイの魅力について大いに語った。

なお、当アワードの審査委員長はAV評論家の麻倉怜士氏が、審査委員として同じくAV評論家の藤原陽祐氏や本田雅一氏、また映画及び映像ソフト専門誌の編集長、そしてDEGジャパン加盟機器メーカー代表がそれぞれ担当した。


「第5回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」 受賞作品・評価ポイント

【グランプリ】
『ヒューゴの不思議な発明 3Dスーパーセット』
発売元・販売元:パラマウント・ジャパン合同会社
評価ポイント:
これほど豪奢で情報量が多く、また表現性が深く、しかも多彩な作品は、これまでなかった。芸術性と高画質性をきわめて高い次元で両立させたことが、あまたの強豪を抑え、見事グランプリに輝かせたのである。画調的にはまったく新しく、似ている映画が無い。フィルムなのかデジタルなのか一見では判別できない、まさに画質のファンタジー。3Dとしても素晴らしいし、2Dも圧倒的な表現力だ。映画をリスペクトする内容もグランプリにふさわしい。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング