サラリーマンのお小遣いは5年ぶりに回復-「2012年サラリーマンのお小遣い調査」結果について

PR TIMES / 2012年6月28日 17時2分

当行は、20代から50代のサラリーマン約1,000人を対象にした「2012年サラリーマンのお小遣い調査」を実施し、その結果を取りまとめました。
また、1979年以来30年以上続いているお小遣い調査関連の話題を中心に、若い世代を中心としたライフスタイルとお金に関する幅広い情報を提供するウェブサイト「ライフスタイル・ラボ」(http://www.shinseibank.com/cfsg/)を本日開設いたしました。

1. 「2012年サラリーマンのお小遣い調査」の結果について
【「2012年サラリーマンのお小遣い調査」結果の主なポイント】
*平均お小遣いは月額39,600円、昨年より3,100円のアップで5年ぶりに増加
*一方お金への意識はシビアなまま。使わずに我慢する傾向が今年も上昇
*昼食代は510円と20円の微増だが、飲み代は680円ダウンの2,860円と大幅減

2012年の調査では、給与所得は昨年比マイナスとなり、生活実感としては全体的に厳しい年になったようです。しかしながら、内閣府発表の月例経済報告(2012年5月)によると消費マインドは持ち直しており、同じ内閣府の景気ウォッチャー調査でも、景気の現状判断DIは2011年3月の東日本大震災(震災)にてリーマンショックを超える勢いで下落した後は、徐々に再上昇の気配を見せており、景気の回復の兆しも少しずつ見え始めているようです。また、昨年は震災の年であり、家族や友人などの身近でかけがえのない人との「絆」の大切さを改めて感じた一年であったのではないでしょうか。
サラリーマンのお小遣いの状況を見ると、家計の財布の紐も少しずつ緩み始めているのか、4年連続で減少してバブル崩壊後最低となった昨年から3,100円アップし、2010年のお小遣い額に近づく額まで回復しました。生活実感としては引き続き苦しい状況の中、飲み代などの抑えられるところは抑えつつも、国内・海外旅行などへの消費意向が強まっていることが見受けられます。生活防衛をしつつ、アフターファイブで同僚などと飲みに行くことを控えて、家族や友人などの大切な人との「絆」を大切にしているのかもしれません。

「サラリーマンのお小遣い調査」は、1979年に株式会社レイク(当時)で始めて以来30年以上にわたる調査実績があり、ほぼ毎年、夏のボーナス支給時期を前に、20代から50代のサラリーマンを対象として、昇給の有無やお小遣いの額などの懐事情を通じて、時代の移り変わりとともに変化する価値観を調査してきました。昨年度まで当行連結子会社の新生フィナンシャル株式会社(以下、新生フィナンシャル)が行っておりましたが、今回からは銀行本体にて実施することといたしました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング