プラセンタは放射線対策にも効果が期待できることがわかりました! アンチエイジングから放射線最新実験結果までプラセンタの基本がよく分かる解説書発売。

PR TIMES / 2012年9月3日 9時15分



新刊本のご案内 2012年9月1日発売 定価500円(税別)

書籍タイトル「いなまぜプラセンタなのか?」~アンチエイジングから放射線対策まで~

著者:馬渕 知子(まぶち・ともこ)  

プラセンタは放射線対策にも効果が期待できることがわかりました!
アンチエイジングから放射線最新実験結果までプラセンタの基本がよく分かる解説書発売。

人間や動物の胎盤のことを指す「プラセンタ」、美容・化粧品で配合されることが多くなり、今話題です。

本書第1章では「プラセンタとは何か?」から美容や老化予防などプラセンタの効果の基本が書かれています。
視力・肝機能の改善、アレルギー症状の予防、更年期症状の緩和など、そしてプラセンタエキスをつくるための原料の違いやその安全性についてもイラストを使いわかりやすくまとめています。

そして、プラセンタエキスの摂取が放射線対策にも効果が期待できることが最新の実験結果により発表されています。
本書第3章では、プラセンタエキスを摂取したマウスに対する放射線照射実験結果について一般の人がわかるように専門用語をできるだけ省き読みやすく記載しています。

著者はアンチエイジングの専門家。その豊富な専門知識と診療経験からプラセンタについて患者の一番知りたい点にしぼり、20 分程度で簡単に読める48 頁にまとめました。

美容と健康のため、プラセンタを知りたい方にお勧めの一冊です。


インターネット書店にて発売

ブックサービス 販売サイト
http://www.bookservice.jp/ItemDetail?cmId=5757250

Amazon 販売サイト
http://astore.amazon.co.jp/inpub-22/detail/4904882032



著 者:馬渕 知子(まぶち・ともこ)
マブチメディカルクリニック院長。東京医科大学医学部医学科卒業後、東京医科大学病院に勤務。その後、さまざまな分野から人間の体をサポートするために、自身でマブチメディカルクリニックを開設、同院長となる。以前から力を入れていた「食と医療」の成果を認められ、平成23 年学校法人食糧学院理事及び講師に就任。「食」に秘められた未知の力を研究するとともに、若い世代への啓蒙をてがけている。医療費削減を掲げ、福岡県大任町健康大使に就任。今後も地域を拡大し、全国の医療費削減を目指している最中である。専門分野は分子栄養学やアンチエイジング医療。

出版内容 【目次・仕様】

●目次

はじめに

第1章 プラセンタってなに?
Iプラセンタの種類と選び方
1. プラセンタとは?
2. プラセンタってどうやって摂るの
3. プラセンタってどれも同じ?
IIプラセンタの期待される効果
・体の不調の改善 ・ 更年期障害の緩和
・肝機能の改善 ・ アレルギー症状の予防と改善
・視力の低下の予防と改善 ・ 老化の予防(アンチエイジング)
・美容効果 ・ プラセンタの秘められたパワー

第2章 私たちの生活と放射線
1.「放射線」「放射能」「放射性物質」の違い
2.シーベルトとは?ベクレルとは?グレイとは?
3.放射線の種類
4.放射線を浴びるとなぜいけないのか?「活性酸素」

第3章 プラセンタと放射線の意外な関係
1. データ1高線量放射線照射実験
2. データ1のまとめ
3. データ2低線量放射線照射実験
4. データ2のまとめ

スペシャル対談
山王病院院長 堤 治 先生 & 馬渕知子

●ISBN9784904882030 C0047
●B6版 中綴じ 48頁
●定価:500円+税
●発売日:2012年9月1日
●ブックサービス、アマゾンにて販売
●発行者:稲石義徳 
●発行所:株式会社インサイド・パブリッシング
website http://www.inpub.jp/




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング